[新製品・サービス]

NTT東日本、店舗・施設のカメラ映像をAIで解析する「人流計測AI」と「接客支援AI」を提供

2022年2月15日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTT東日本は2022年2月15日、「映像AIサービス」を発表した。「人流計測AI」と「接客支援AI」の2つのサービスで構成する。同年2月28日から提供する。ネットワークカメラでユーザーの施設内や店舗内を撮影したデータを閉域網でNTT東日本のデータセンターに伝送して解析する。データの可視化やAI分析に加え、具体的なアクションプランの策定や運用定着までを一貫して支援する。

 映像AIサービスは、ネットワークカメラで撮影したデータをAIで解析するサービスである(図1)。「人流計測AI」と「接客支援AI」の2つのサービスで構成する。ネットワークカメラでユーザーの施設内や店舗内を撮影したデータを閉域網でNTT東日本のデータセンターに伝送して解析する。

図1:「映像AIサービス」の概要(出典:NTT東日本)図1:「映像AIサービス」の概要(出典:NTT東日本)
拡大画像表示

 (1)人流計測AIは、施設や店舗への来店者数のカウントや、来店者の属性分析など、複数の機能を提供する。(2)接客支援AIは、来店者の行動から万引きや購買の予兆を検知し、従業員のスマートフォンのアプリに通知する。

 撮影データの解析結果は、ユーザー企業ごとの専用画面に表示する。CSV(カンマ区切り形式)データとしても出力可能である。AI基盤は、NTT東日本の通信ビル内に構築するため、オンプレミス型のリアルタイムなデータ解析が可能だとしている。一方で、クラウド型サービス型で使えることから、ユーザー側にはサーバーなどの設備は不要である。

 提供する機能の一覧は、表1の通り。NTT東日本は今後、各種業界向けのプランを順次展開していく予定である。

表1:映像AIサービスで提供する機能(出典:NTT東日本)
サービス名 提供機能 機能詳細
人流計測AI 入店者数カウント あらかじめ設定した方向の通行者を検出・カウント
入店率分析 出入口などに設置したカメラで店舗前の歩行者数と入店者数をカウントし入店率を分析
入店者属性分析 対象カメラの指定範囲内に入った人物の属性データ(年齢・性別)を取得
店内人数カウント 出入り口などに設置したカメラで入場者・退場者を検出・カウントし、滞在者数を計測
エリア内人数カウント カメラに映るエリア内に滞在している人物を検出し、リアルタイムに人数をカウント
混雑分析・アラート 指定エリア内に指定した時間以上滞在している人物を検出した場合に通知
侵入検知・アラート 指定エリア内に侵入する人物を検出した場合に通知
ヒートマップ 時間帯ごとの人物の滞在時間と通行回数をヒートマップ化
店内混雑状況Web表示 店内人数をカウントし、設定した人数に応じて空席満席を表示
エリア内混雑状況Web表示 エリア内人数をカウントし、設定した人数に応じて空席満席を表示
接客支援AI 不審行動と購買行動の検知 店内の顧客の行動を解析し、万引きまたは購買が予想される場合にスマホアプリに通知
関連キーワード

NTT東日本 / 映像AIサービス

関連記事

Special

-PR-

NTT東日本、店舗・施設のカメラ映像をAIで解析する「人流計測AI」と「接客支援AI」を提供NTT東日本は2022年2月15日、「映像AIサービス」を発表した。「人流計測AI」と「接客支援AI」の2つのサービスで構成する。同年2月28日から提供する。ネットワークカメラでユーザーの施設内や店舗内を撮影したデータを閉域網でNTT東日本のデータセンターに伝送して解析する。データの可視化やAI分析に加え、具体的なアクションプランの策定や運用定着までを一貫して支援する。

PAGE TOP