開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ローコード/ノーコード開発市場は今後も2桁成長を継続、2023年度は1000億円規模に―ITR

2022年2月18日(金)IT Leaders編集部

アイ・ティ・アール(ITR)は2022年2月17日、国内のローコード/ノーコード開発における市場規模の推移と予測を発表した。2020年度の売上金額は515億8000万円、前年度比24.3%増だった。影響力がある上位ベンダーの売上げの伸びが市場を牽引した。CAGR(2020~2025年度)は24.4%を予測している。

 ITRは、国内のローコード/ノーコード開発における市場規模の推移と予測を発表した(図1)。2020年度の売上金額は515億8000万円、前年度比24.3%増だった。影響力がある上位ベンダーの売上げの伸びが市場を牽引した。CAGR(2020~2025年度)は24.4%を予測している。

図1:ローコード/ノーコード開発における市場規模の推移と予測(2019~2025年度予測)(出典:アイ・ティ・アール)図1:ローコード/ノーコード開発における市場規模の推移と予測(2019~2025年度予測)(出典:アイ・ティ・アール)
拡大画像表示

 同市場が成長する背景には、経済産業省がDXレポートで指摘し「2025年の崖」への危機感がある。デジタルトランスフォーメーション(DX)は企業において急務であり、多様なニーズや急激なビジネス環境の変化への迅速な対応を目的に、ローコード/ノーコード開発に対する注目度が高まっている。

 ローコード/ノーコード開発のメリットは、最小限のコーディングあるいはコーティングが不要という特性によって、高品質でメンテナンスが容易なアプリケーションを開発できることである。さらに、内製化による開発コストの大幅な削減にも寄与する。

 ITRでは、「企業では、内製化を推進する機運が高まっている。ローコード/ノーコード開発ツールは、短期間でアプリケーション開発スキルを習得でき、ユーザーとの共同作業で試行を繰り返すことが容易であるため、業務改革/改善に適している。市場はさらに成長する」という旨のコメントを出している。

 今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート『ITR Market View:ローコード/ノーコード開発市場2022』に詳細を掲載している。同レポートには、ローコード/ノーコード開発市場を対象に、国内23ベンダーへの調査に基づいた2019~2020年度売上げ実績および2025年度までの売上げ予測を掲載している。

関連キーワード

アイ・ティ・アール / ローコード開発

関連記事

Special

-PR-

ローコード/ノーコード開発市場は今後も2桁成長を継続、2023年度は1000億円規模に―ITRアイ・ティ・アール(ITR)は2022年2月17日、国内のローコード/ノーコード開発における市場規模の推移と予測を発表した。2020年度の売上金額は515億8000万円、前年度比24.3%増だった。影響力がある上位ベンダーの売上げの伸びが市場を牽引した。CAGR(2020~2025年度)は24.4%を予測している。

PAGE TOP