[事例ニュース]

ひろぎんHD、新規ターゲット顧客をスコア化するAIモデルを内製開発

2022年3月4日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

広島銀行を中核とするひろぎんグループの持株会社であるひろぎんホールディングス(ひろぎんHD)は2022年3月1日、データ分析AIモデルの内製化と業務への応用に着手したと発表した。カードローンの顧客ターゲット先をスコア化するAIモデルなど2つのAIモデルを内製で開発済みであり、効果が出つつあることを確認したとしている。日本IBMがAIモデルの内製化を支援している。

 広島銀行を中核とするひろぎんグループの持株会社であるひろぎんホールディングス(ひろぎんHD)は、データ分析AIモデルの内製化と業務への応用に着手した。カードローンのターゲット先をスコア化するAIモデルなど、2つのAIモデルを内製で開発済み。いずれも、実際の業務において評価測定を実施中であり、相応の効果が出つつあることを確認したという(図1)。

図1:ひろぎんホールディングスは、データ分析AIモデルを内製化している。カードローンのターゲット先をスコア化するAIモデルなど2つのAIモデルを開発済みであり、効果が出つつあることを確認した(出典:ひろぎんホールディングス)図1:ひろぎんホールディングスは、データ分析AIモデルを内製化している。カードローンのターゲット先をスコア化するAIモデルなど2つのAIモデルを開発済みであり、効果が出つつあることを確認した(出典:ひろぎんホールディングス)
拡大画像表示

 ひろぎんHDは、2020年度から日本IBMの支援の下、AIデータ分析の内製化に取り組んでいる。2021年4月からデータ分析組織を立ち上げ、現在までに2件のAIモデル「消費性カードローン申込予測モデル」と「ひろぎん証券マルチチャネルサービス申込予測モデル」を内製開発している。いずれも、Webブラウザ上で動作するプログラムの対話型実行環境「Jupyter Notebook」を用いてPython言語で開発した。

 消費性カードローン申込予測モデルは、カードローンのターゲット顧客(提案を喜んでくれそうな顧客)を予測してスコア化するモデルである。評価測定の結果、一定レベルで定量的な導入効果を確認したという。

 ひろぎん証券マルチチャネルサービス申込予測モデルは、マルチチャネルサービスのターゲット顧客(提案を喜んでくれそうな顧客)を予測してスコア化するモデルである。評価測定の結果、ひろぎん証券と広島銀行のデータを融合することによるシナジー効果を有意なレベルで確認したという。

 日本IBMとは今後も協働関係を継続していく。リモートでの定期的な側面支援と並行し、2021年10月からはデータサイエンティスト1人の出向受入を実施中であり、内製要員の育成強化に注力している。2022年3月中には、パブリッククラウド型統合データ分析基盤「IBM Cloud Pak for Data as a Service(CP4D)」の利用を開始する。

関連キーワード

ひろぎんホールディングス / Jupyter Notebook / 内製化 / 広島銀行 / 地方銀行 / 金融 / 広島県 / 広島市

関連記事

Special

-PR-

ひろぎんHD、新規ターゲット顧客をスコア化するAIモデルを内製開発広島銀行を中核とするひろぎんグループの持株会社であるひろぎんホールディングス(ひろぎんHD)は2022年3月1日、データ分析AIモデルの内製化と業務への応用に着手したと発表した。カードローンの顧客ターゲット先をスコア化するAIモデルなど2つのAIモデルを内製で開発済みであり、効果が出つつあることを確認したとしている。日本IBMがAIモデルの内製化を支援している。

PAGE TOP