データセンター データセンター記事一覧へ

[新製品・サービス]

SCSKとNEC、データセンター事業で協業、エコシステムパートナーとの接続サービスを共通化して提供

2022年3月11日(金)IT Leaders編集部

SCSKとNECは2022年3月10日、同日付でデータセンター事業における協業を開始した。協業を通じて、SCSKの印西キャンパス(千葉県印西市)にあるデータセンターに、サービスプロバイダー各社との接続環境を構築する。両社は、同環境を利用したネットワークサービスやSIサービスを、2022年度上期から順次提供していく。

 SCSKとNECは、データセンター事業で協業した。協業を通じて、SCSKの印西キャンパス(千葉県印西市)にあるデータセンターに、サービスプロバイダー各社との接続環境を構築する。両社は、同環境を利用したネットワークサービスやSIサービスを、2022年度上期から順次提供していく(図1)。

図1:SCSKとNECの協業によるデータセンター運営の概要(出典:SCSK、NEC)図1:SCSKとNECの協業によるデータセンター運営の概要(出典:SCSK、NEC)
拡大画像表示

 SCSKは印西キャンパスで2棟のデータセンター(2022年4月には3棟目を追加)を運営している。SCSKとNECの両社は、この印西キャンパスに、サービスプロバイダ、IX事業者、通信事業者などのエコシステムパートナーを共同で誘致する。

 また、両社のサービスだけでなく、共同で誘致したエコシステムパートナーとの接続サービスを共通化し、両社それぞれのデータセンターサービスとして提供する。両社が提供する、オンプレミスやクラウド上でのSIサービス、マネージドサービスを組み合わせて提供する。SCSKとNECの他拠点のデータセンターからも同様のサービスを利用可能にする予定である。

 協業の背景について両社は、オンプレミス環境とクラウドサービスを接続するハイブリットクラウド接続や、利用用途に応じて複数のクラウドサービスを使い分けるマルチクラウド接続の需要の高まりを挙げる。これらの需要に応えるため、サービスプロバイダー、IX事業者、通信事業者などと自由に接続できる環境を備えたデータセンターサービスに、SIサービスを組み合わせて提供する。

関連キーワード

SCSK / NEC

関連記事

Special

-PR-

SCSKとNEC、データセンター事業で協業、エコシステムパートナーとの接続サービスを共通化して提供SCSKとNECは2022年3月10日、同日付でデータセンター事業における協業を開始した。協業を通じて、SCSKの印西キャンパス(千葉県印西市)にあるデータセンターに、サービスプロバイダー各社との接続環境を構築する。両社は、同環境を利用したネットワークサービスやSIサービスを、2022年度上期から順次提供していく。

PAGE TOP