データセンター データセンター記事一覧へ

[新製品・サービス]

GMOインターネット、レンタルサーバーでリソース軽量化によるWeb高速化機能を利用可能に

Web高速化エンジン「WEXAL」を無料オプションとして用意

2022年4月22日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

GMOインターネットは2022年4月21日、レンタルサーバー「ConoHa WING」および「お名前.com レンタルサーバー」のWeb高速化機能を強化した。新たに、無料オプションとして、Webコンテンツ高速化エンジン「WEXAL Page Speed Technology」(プライム・ストラテジーが開発)を利用できるようにした。レンタルサーバーの契約者は、コントロールパネル上の設定だけで、同エンジンを利用可能である。

 GMOインターネットの「ConoHa WING」および「お名前.com レンタルサーバー」は、いずれもレンタルサーバーサービスである。独自にサーバーを構築することなく、手軽にWebサーバーを運用可能である。「ConoHa WING」の特徴は、CMS「WordPress」の運用を簡素化する機能を備えることなど。一方の「お名前.com レンタルサーバー」の特徴は、ドメイン登録サービス(お名前.com)との親和性が高いことなどである。

 今回、これら2つのレンタルサーバーサービスを強化し、Webコンテンツを高速に表示するためのWeb高速化エンジン「WEXAL Page Speed Technology」(プライム・ストラテジーが開発)をオプション機能として、追加費用なしで利用できるようにした。レンタルサーバーの契約者は、コントロールパネル上の設定だけで、難しい作業を必要とせずに、Web高速化エンジンのON/OFFや、高速化しないコンテンツの設定などが可能である。

高速表示用の軽量化Webコンテンツを後付けで生成

 WEXAL Page Speed TechnologyがWebを高速化する仕組みは、オリジナルのWebコンテンツを基に、高速表示用に軽量化したWebコンテンツを変換生成する、というもの(関連記事プライム・ストラテジー、Web表示の高速化をAIで自動化、サイトに合わせた設定を自動生成)。オリジナルのWebコンテンツには変更を加えずに、高速表示用のWebコンテンツを“後付け”で追加する。

 システム的には、Webリソース(画像、CSS、JavaScript)を軽量化するエンジンと、軽量化したWebリソースを組み合わせて動的にWebページを生成するエンジンで構成する(図1)。

図1:WEXAL Page Speed Technologyの概要。Webリソース(画像、CSS、JavaScript)を軽量化するエンジンと、軽量化したWebリソースを組み合わせて動的にWebページを生成するエンジンで構成する(出典:プライム・ストラテジー)図1:WEXAL Page Speed Technologyの概要。Webリソース(画像、CSS、JavaScript)を軽量化するエンジンと、軽量化したWebリソースを組み合わせて動的にWebページを生成するエンジンで構成する(出典:プライム・ストラテジー)
拡大画像表示

 Webリソースを軽量化するエンジンは、オリジナルのWebコンテンツのディレクトリを常時監視し、Webコンテンツを更新したタイミングでこれらを軽量化し、高速表示用のWebリソースを格納するディレクトリに格納する。

 動的にWebページを生成するエンジンは、Webサーバーと連携して動作する。Webブラウザからのリクエストに対し、AIが自動生成したWeb高速化のポリシーに基いて、高速表示用のWebリソースを組み合わせてWebページを生成する。

関連キーワード

GMOインターネット / レンタルサーバー

関連記事

Special

-PR-

GMOインターネット、レンタルサーバーでリソース軽量化によるWeb高速化機能を利用可能にGMOインターネットは2022年4月21日、レンタルサーバー「ConoHa WING」および「お名前.com レンタルサーバー」のWeb高速化機能を強化した。新たに、無料オプションとして、Webコンテンツ高速化エンジン「WEXAL Page Speed Technology」(プライム・ストラテジーが開発)を利用できるようにした。レンタルサーバーの契約者は、コントロールパネル上の設定だけで、同エンジンを利用可能である。

PAGE TOP