[新製品・サービス]

デージーネット、メール送信サーバーのセキュリティ診断「MSchecker」にDMARC対応チェックを追加

2022年5月18日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デージーネット(愛知県名古屋市)は2022年5月18日、メールサーバーセキュリティ診断サービス「MSchecker」に、なりすましメール対策のセキュリティチェック項目「DMARC対応」を同年6月1日に追加すると発表した。これでチェック項目は合計で8種類になり、企業で利用しているメール送信サーバーの安全性をより詳しく把握可能になる。無料で利用できる。

 デージーネットの「MSchecker」は、メール送信サーバーのセキュリティ状況を診断するサービスである。SSL/TLSメールが使えるか、第三者中継をできないようにしているか、SPF/DKIMのレコードがDNSに登録させているかなど、複数のチェック項目でメール送信サーバーのセキュリティ状況をレポート化する(画面1)。

画面1:メール送信サーバーのセキュリティ診断サービス「MSchecker」の結果レポート画面(出典:デージーネット)画面1:メール送信サーバーのセキュリティ診断サービス「MSchecker」の結果レポート画面(出典:デージーネット)
拡大画像表示

 同サービスは、専用のWebサイトからメールアドレスを登録することによって無料で利用できる。Webフォームからメールアドレスを登録すると確認メールが届く。確認メールに返信すると、登録したメールアドレスのメール送信サーバーのセキュリティ状況をチェックし、結果ページのURLを記載したメールが届く。結果ページのURLにWebブラウザで接続して診断結果を参照する。

 今回、MScheckerに、なりすましメール対策のセキュリティチェック項目「DMARC対応」を追加した。2022年6月1日から同チェック項目が有効になる。これでチェック項目は合計で8種類になる(表1)。企業で利用しているメールサーバーの安全性を、より詳しく把握可能になる。

表1:メールサーバーセキュリティ診断サービス「MSchecker」のチェック項目(出典:デージーネット)
項目 概要
SSL/TLSメールの送受信 メールの通信が暗号化されているかをチェックする
メール不正中継 第三者によるメールの不正な中継が可能な状態になっていないかをチェックする
SPFチェック メール送信元がDNSのSPFレコードに登録されているかをチェックする
DKIMチェック ドメインのDNSサーバーに電子署名の公開鍵が正しく登録されているかをチェックする
送信元DNS逆引き メールアドレスのドメインのDNS逆引きが正しいかをチェックする
DNSSEC対応 ドメインのDNSサーバーがDNSSECに対応しているかをチェックする
DNSBL登録 ドメインがDNSブラックリストに登録されていないかをチェックする
DMARC対応 メール送信元ドメインがDMARCレコードに登録されているかをチェックする

●Next:DMARCを用いてメールなりすまし対策を行う仕組み

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

デージーネット / MSchecker / DMARC / 送信ドメイン認証 / メールセキュリティ

関連記事

Special

-PR-

デージーネット、メール送信サーバーのセキュリティ診断「MSchecker」にDMARC対応チェックを追加デージーネット(愛知県名古屋市)は2022年5月18日、メールサーバーセキュリティ診断サービス「MSchecker」に、なりすましメール対策のセキュリティチェック項目「DMARC対応」を同年6月1日に追加すると発表した。これでチェック項目は合計で8種類になり、企業で利用しているメール送信サーバーの安全性をより詳しく把握可能になる。無料で利用できる。

PAGE TOP