データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

アシスト、複数のデータソースを仮想統合する「TIBCO Data Virtualization」を販売

2022年5月31日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2022年5月31日、データ仮想化ツール「TIBCO Data Virtualization」(開発元:米TIBCO Software)の販売を開始した。複数のデータソースを仮想的に統合して1つのデータベースとしてアクセスできるようにするツールである。

 今回アシストが販売を開始した「TIBCO Data Virtualization」は、米TIBCO Softwareが開発したデータ仮想化ツールである。複数のデータソースを仮想的に統合して1つのデータベースとしてアクセスできるようにする。

 データを物理的に複製せずに仮想的に統合する。これを基にアジャイルでビューを開発して公開できる。鮮度の高いデータを短時間でエンドユーザーに提供する(画面1)。

画面1:複数のデータソースを物理的に複製することなく仮想的に統合する(出典:アシスト)画面1:複数のデータソースを物理的に複製することなく仮想的に統合する(出典:アシスト)
拡大画像表示

 データカタログ機能を備えている。接続したデータソースや作成したビューをカタログ化することで、エンドユーザー自身でデータを自由に探索できる。カラム名やテーブルなどのメタデータによる検索のほか、管理者やユーザーが付与したタグによる検索も可能である(画面2)。

画面2:データカタログ機能を備える(出典:アシスト)画面2:データカタログ機能を備える(出典:アシスト)
拡大画像表示

 アクセス制御機能も備える。論理的な仮想レイヤーを通して、ガバナンスの下でユーザーにデータを公開する仕組みをとる。業務に応じて細かくアクセス権を設定可能である(画面3)。

画面3:アクセス制御機能を備える(出典:アシスト)画面3:アクセス制御機能を備える(出典:アシスト)

 仮想統合の必要性についてアシストは、「従来、データウェアハウス(DWH)やデータレイクでは、データを物理的に統合していたが、現在では、新たに増えていく各種データソースから俊敏にデータを取り込むニーズが増えている。データを物理的に統合する手法だけではデータを素早く届けられない」と説明する。

 TIBCO Data Virtualizationの価格は要問い合わせ。販売総代理店は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションである。

関連キーワード

アシスト / データ統合 / TIBCO Software

関連記事

Special

-PR-

アシスト、複数のデータソースを仮想統合する「TIBCO Data Virtualization」を販売アシストは2022年5月31日、データ仮想化ツール「TIBCO Data Virtualization」(開発元:米TIBCO Software)の販売を開始した。複数のデータソースを仮想的に統合して1つのデータベースとしてアクセスできるようにするツールである。

PAGE TOP