[新製品・サービス]

AI-OCR/RPAで紙文書のデジタル変換を自動化─シー・システムの「AI JIMY Paperbot」

2022年7月12日(火)IT Leaders編集部

シー・システムは2022年7月11日、紙文書デジタル化ツール「AI JIMY Paperbot」を提供開始した。AI-OCR(光学文字認識)、仕分け、RPAといった紙のデジタル化業務に必要な機能を統合している。

 シー・システム(本社:大阪府大阪市)の「AI JIMY Paperbot」は、データ入力業務や帳票の電子化業務を自動化するツールである。紙のデジタル化業務に必要な機能を1つのツールに統合している。具体的には、スキャン機能、仕分け機能、AI-OCRによる文字認識機能、認識結果の修正機能、PDFやCSVによるデータ出力機能、システムへのデータ入力が可能なRPA機能(画面1)などを備えている。紙のデジタル化業務をクリック操作で完了できるとしている。

画面1:AI JIMY PaperbotのRPA設定画面(出典:シー・システム)
拡大画像表示

 一般に、データ入力業務を自動化するには、RPAツールや仕分けツール、AI-OCRエンジンといったツール群の連携設定を行う。その際、各ツールのライセンスコストが個別に必要になるだけでなく、環境の構築や各業務フローに合わせた開発が必要になっていた。「中小企業や事務作業の現場にとって導入のハードルが高かった。また、受け取った紙を都度データ入力するような業務では、人間の手でデータ入力する方が効率が良いケースが多々あった」(同社)。

 AI JIMY Paperbotでは、医療関係や自治体、宿泊業など窓口業務の担当者がリアルタイムに紙文書をデジタル化できるようになる。スタンドスキャナなどと連携設定を行ったうえでスキャンを行い、文字認識を経て業務システムに入力、といった一連のデータ入力業務を自動化する。

 AIを用いた仕分け機能により、複数の帳票レイアウトの書類も一括でレイアウトを識別する。また、取り込んだ画像をPDFやCSVデータで保存する際には、AI-OCRで認識した文字をファイル/フォルダ名にでき、改正電子帳簿保存法の要件に合致したファイル名を自動で帳票に付けて保存するといった運用が可能になる。

関連キーワード

シー・システム / ペーパーレス / AI-OCR / RPA / 文書管理 / 電子帳簿保存法

関連記事

Special

-PR-

AI-OCR/RPAで紙文書のデジタル変換を自動化─シー・システムの「AI JIMY Paperbot」シー・システムは2022年7月11日、紙文書デジタル化ツール「AI JIMY Paperbot」を提供開始した。AI-OCR(光学文字認識)、仕分け、RPAといった紙のデジタル化業務に必要な機能を統合している。

PAGE TOP