[新製品・サービス]

オラクルとマイクロソフト、「Oracle Database@Azure」を発表、AzureデータセンターでExadataを運用

Azure Marketplaceから購入して利用可能

2023年9月15日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米オラクルと米マイクロソフトは2023年9月14日(米国現地時間)、データベースサービス「Oracle Database@Azure」を発表した。Microsoft Azureのデータセンターにデータベース専用機「Oracle Exadata」を設置し、Azure Marketplaceを通じて購入・利用できる。Azureユーザーは、Azureで稼働する業務アプリケーションアクセス先のOracle Databaseを単一のデータセンターで運用できるようになる。北米と欧州を皮切りに、他の地域のAzureデータセンターにも展開していく。

 米オラクルと米マイクロソフトが、Microsoft Azure上で提供するOracle Database「Oracle Database@Azure」を発表した。Azureのデータセンターにオラクルのデータベース専用機「Oracle Exadata」を設置し、Azure Marketplaceを通じて購入できるようにした(図1画面1)。

図1:Oracle Database@Azureの構成図(出典:米オラクル)
拡大画像表示
画面1:利用可能なサービスとしてOracle Database@Azureを表示しているMicrosoft Azureのポータル画面(出典:米マイクロソフト)
拡大画像表示

 Azureユーザーは、既存のクラウド運用スキルを活用し、Azure上で稼働する業務アプリケーションとアクセス先のOracle Databaseを単一のデータセンターで運用できる。北米と欧州を皮切りに、他の地域のAzureデータセンターにも展開していく。

 運用管理面では、Exadataをベースとした付加機能として、運用管理やチューニングを自律実行する「Oracle Autonomous Databaseサービス」が利用できる。「ミッションクリティカルな業務システムに対して迅速な対応と解決を提供するための共同サポートモデルを開発した」(両社)としている。

 ユーザーは、既存のAzure契約を基にAzure Marketplaceを通じてOracle Database@Azureを購入でき、購入と契約のプロセスを簡素化している。また、所有するOracle DBのライセンスを持ち込む運用(Bring Your Own License)にも対応する。Oracle Support Rewardsプログラムなど、既存のOracle Databaseライセンス特典も適用可能である。

●Next:両社が注力・強化している「Azureから使えるOracle DB」

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Oracle / Microsoft / Azure / Oracle Database / Exadata / Oracle Cloud / 協業・提携

関連記事

トピックス

[Sponsored]

オラクルとマイクロソフト、「Oracle Database@Azure」を発表、AzureデータセンターでExadataを運用米オラクルと米マイクロソフトは2023年9月14日(米国現地時間)、データベースサービス「Oracle Database@Azure」を発表した。Microsoft Azureのデータセンターにデータベース専用機「Oracle Exadata」を設置し、Azure Marketplaceを通じて購入・利用できる。Azureユーザーは、Azureで稼働する業務アプリケーションアクセス先のOracle Databaseを単一のデータセンターで運用できるようになる。北米と欧州を皮切りに、他の地域のAzureデータセンターにも展開していく。

PAGE TOP