[インタビュー]

「仮想DC時代のLANスイッチは販売支援が重要」─米BrocadeのチャネルVP

2011年2月18日(金)IT Leaders編集部

ブロケードコミュニケーションズシステムズは2011年2月18日、データセンターにサーバー仮想化技術が浸透している現状を受け、スキル向上支援やリベート方式の拡充など、販売チャネル向けのパートナー支援プログラム「Brocade Alliance Partner Network」(Brocade APN)を強化した。

 ブロケードコミュニケーションズシステムズがパートナー支援プログラム「Brocade Alliance Partner Network」(Brocade APN)を強化した。

 主に、2010年11月から提供している仮想サーバー環境向けエッジ・スイッチ「Brocade VDX」を中核としたLAN接続機器を対象に、販売代理店(1次代理店)向けとリセラー(2次販売店)向けの両軸で、支援プログラムを強化した。

写真1 米Brocade Communications Systemsでワールドワイド・チャネル担当VPを務めるBarbara Spicek氏 写真1:米Brocade Communications Systems ワールドワイド・チャネル担当VPのBarbara Spicek氏

 インプレスビジネスメディアは、米Brocade Communications Systemsでワールドワイド・チャネル担当VPを務めるBarbara Spicek氏に、Brocade VDX以降に変わったパートナー支援プログラムの内容を聞いた。

──パートナ支援プログラムを強化/刷新した背景は。

2010年6月に「Brocade One」と呼ぶコンセプトを提唱した。サーバー仮想化によって複雑化したデータセンターの管理を、ネットワーク・アーキテクチャの再構築によって簡素化するもの。コアとなる技術が、Brocade VDXが搭載しているVCS(Virtual Cluster Switching)であり、今後数年にわたってBrocadeのエッセンスとなる。

サーバー仮想化時代には、ネットワーク・スイッチの役割が変わる。サーバー資源やサーバー仮想化技術が前提となる。これらとネットワーク・スイッチを組み合わせてシステムを構成するようになる。こうした時代には、今まで以上に、アライアンス(販売店)やOEM(相手先ブランドによる生産)などのパートナーが重要になる。

Brocadeは元々、SANスイッチ機器のOEM供給が事業の中心。このため、特定ベンダーの製品に依存するような製品は作っておらず、各社のサーバー製品や各社の仮想化ミドルウエアを自由に組み合わせたデータセンター環境で利用できる。

●Next:パートナー支援プログラムの中身は

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Brocade / SAN / スイッチ

関連記事

Special

-PR-

「仮想DC時代のLANスイッチは販売支援が重要」─米BrocadeのチャネルVPブロケードコミュニケーションズシステムズは2011年2月18日、データセンターにサーバー仮想化技術が浸透している現状を受け、スキル向上支援やリベート方式の拡充など、販売チャネル向けのパートナー支援プログラム「Brocade Alliance Partner Network」(Brocade APN)を強化した。

PAGE TOP