[新製品・サービス]

SAPアプリやデータ移行作業を完結化―新製品・サービスまとめ(2012/6/15〜2012/7/12)

2012年8月9日(木)IT Leaders編集部

1カ月間に発表された主要な新製品・サービスを紹介する、ニュースフラッシュ 新製品・サービス編。ハードウェアやソフトウェア、システムの各分野から、12個の新製品・サービスを取り上げた。

データ複製

SAPアプリやデータ移行作業を簡潔化

日立製作所は2012年6月29日、「Hitachi Storage Adapter for SAP NetWeaver Landscape Virtualization Management」を発表した。SAPのアプリケーションやアクセスするデータを、日立のストレージが備えるレプリケーション機能を使って複製する。複製先のストレージを再設定することなく、継続して運用できる。価格(税込)は47万2500円から。

ストレージ仮想化

サーバーの構成台数を増やして可用性を向上

データコア・ソフトウェアは2012年7月4日、ストレージ仮想化ソフト「SANsymphony-V」の新版を発表した。サーバーが内蔵するディスクを仮想的に統合し、iSCSIやFC接続のストレージとして利用できる。新版は、ソフトをインストールしたサーバーを、これまでの2台構成から4台に拡張したことで可用性を高めた。価格はストレージ容量が5TBとなる最小構成価格が43万2000円。

サーバー

搭載プロセサ数を減らしたエントリー向けLinux機

日本IBMは2012年7月11日、Linux専用サーバー「PowerLinux 7R1」を発表した。4月に発表した「同 7R2」が搭載するプロセサ数を半分の1個にしたエントリーモデル。「PowerVM for PowerLinux」と呼ぶ仮想化機能を備え、最大80台の仮想サーバーを稼働できる。100V電源を利用できるため、オフィスなどに設置することも可能。価格(税別)は103万300円から。

バックアップ

大量データを高速バックアップ可能な専用機

EMCジャパンは2012年7月12日、重複排除機能を備えるバックアップ用アプライアンス「EMC Data Domain DD990」を発表した。Data Domainシリーズの最上位機で、従来モデルに比べてデータ転送速度を約2倍の31TB/時に高めた。データの保存容量も2倍の570TBとし、オプションのソフトウェアを用いることで1.3PBまで拡張できる。価格は個別見積もり。

関連キーワード

SAP / Micro Focus / EMC

関連記事

Special

-PR-

SAPアプリやデータ移行作業を完結化―新製品・サービスまとめ(2012/6/15〜2012/7/12) [ 3/3 ] 1カ月間に発表された主要な新製品・サービスを紹介する、ニュースフラッシュ 新製品・サービス編。ハードウェアやソフトウェア、システムの各分野から、12個の新製品・サービスを取り上げた。

PAGE TOP