[事例ニュース]

オートバックスセブン、SAP会計システムのAWS移行を4カ月半で完了

2018年2月26日(月)IT Leaders編集部

フロントオフィスの情報系システムから始まったクラウド化の流れは、バックオフィスの基幹系システムにまで及んでいる。2018年2月26日に発表された、オートバックスセブンの例もその1つだ。同社はオンプレミスのSAP会計システムをAWS上に移行、かかった期間はわずか約4カ月半だという。

 オートバックスセブンは、国内600店舗を超えるカー用品のオートバックスグループのフランチャイズ本部。同社では、チェーン全体経費におけるIT運用コストが課題となっていた。

 2017年11月にサーバーの保守が期限切れになるタイミングに合わせ、データセンターの資産管理、バージョンアップなどによる保守・運用コストを縮小できるクラウドへの移行を決断した。クラウド移行によるIT運用コスト3割減が目標となっている。

 移行を手がけたのは、Salesforce.comから始まり、現在はAWS(Amazon Web Services)も多く手がける、クラウド移行経験が豊富なクラウドインテグレーターのテラスカイと、SAPマイグレーションに特化した同社の子会社BeeXである。

 移行の条件は、サーバー保守が期限切れになる前に、子会社やフランチャイズ店に迷惑をかけずに、確実に移行すること。オートバックスセブンの現有の回線では、データ移行だけで2カ月を要することが判明、これでは約束の期限に間に合わないため、テラスカイとBeeXは当時プレビュー段階だった大規模データ転送サービス「AWS Snowball」を採用した。

 AWS Snowballは、大規模データ移行で回線への負担が大きい場合に、専用のアプライアンスにいったんデータを格納、アプライアンスを移行先に移動してデータ移行を実現する。また、サーバー移行には、クラウド上の仮想マシンにリアルタイム差分同期できるライブマイグレーションツール「CloudEndure」(提供元:米CloudEndure)を採用した。

 子会社やフランチャイズ店の業務に影響が出ないように移行するという条件を満たすために、本番移行は週末に実施した。金曜日の定時後にシステムをシャットダウンし、土曜日に移行作業、日曜日の朝には完了した。移行後の本稼働判定の承認を経て、月曜日の定時営業時間から無事、通常業務を再開できたという。

図1:移行完了後のシステム構成図
拡大画像表示
関連キーワード

オートバックス / SAP / 会計 / AWS / テラスカイ / BeeX / SIer

関連記事

Special

-PR-

オートバックスセブン、SAP会計システムのAWS移行を4カ月半で完了フロントオフィスの情報系システムから始まったクラウド化の流れは、バックオフィスの基幹系システムにまで及んでいる。2018年2月26日に発表された、オートバックスセブンの例もその1つだ。同社はオンプレミスのSAP会計システムをAWS上に移行、かかった期間はわずか約4カ月半だという。

PAGE TOP