[新製品・サービス]

日商エレ、ユーザー企業みずからAIでデータを分析できるように支援するSIサービスを開始

2020年3月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日商エレクトロニクスは2020年3月9日、ユーザー企業みずからマシンラーニング(機械学習)を用いてデータを分析できるように支援するワンストップサービス「Business Data Science Platform」(BDSP)を発表した。価格は、個別見積もり。

 Business Data Science Platformは、ユーザー企業みずからデータを分析できるように支援するSIサービスである(図1)。AIの基礎知識、データ準備、モデル作成、実装、運用を支援する。PoC(概念検証)で終わらないように支援する。

図1:Business Data Science Platformの概要(出典:日商エレクトロニクス)図1:Business Data Science Platformの概要(出典:日商エレクトロニクス)
拡大画像表示

 データ分析プロセスを体系化した業界標準フレームワーク「CRISP-DM」をベースに、AIデータ分析プロジェクトに必要な一連のサービスを提供する。

 米RapidMinerのマシンラーニング(機械学習)ソフトウエアを中核に、ハンズオン形式による学習プログラム、ユーザーとの共同作業によるAIモデルの作成と検証、AIモデル導入後の運用支援、――などを実施する。

 ハンズオン形式による学習プログラムでは、データ分析に必要な基礎知識から、AIの効果的な活用方法までを学習できる。ユーザー企業の実際のデータを用いたデータ分析プロセスを最短で1週間で体験できる。ユーザー自身がAIデータ分析サイクルを回せるようになるという。

 ユーザーとの共同作業で、AIモデルの作成と検証を実施する。ビジネス要件を理解するユーザーと、製品に詳しい日商エレクトロニクスのエンジニアが共同で作業を行い、短期間に高精度の分析モデルを作成する。

 開発した分析モデルは、データ分析対象となる既存システムとAPIで連携させる。これにより、実ビジネスにおいてAIを活用した予測や分類が可能になる。ユーザーの利用環境に合わせて、オンプレミス型でもクラウドサービス型でも、いずれの形態でも提供できる。

 Aiモデル導入後の運用も支援する。実装した分析モデルの精度を分析したり、運用フェーズで見えてくる課題や改善点をレポートしたりする。モデルの精度を監視した上で定期的にモデルをメンテナンスする。

関連キーワード

日商エレクトロニクス / RapidMiner / SIer

関連記事

Special

-PR-

日商エレ、ユーザー企業みずからAIでデータを分析できるように支援するSIサービスを開始日商エレクトロニクスは2020年3月9日、ユーザー企業みずからマシンラーニング(機械学習)を用いてデータを分析できるように支援するワンストップサービス「Business Data Science Platform」(BDSP)を発表した。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP