[新製品・サービス]

KDDIとソフトバンク、5Gの地方展開を推進する合弁会社「5G JAPAN」を設立

2020年4月1日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

KDDIとソフトバンクは2020年4月1日、2019年7月の両社の合意に基づき、地方における5G(第5世代移動通信システム)の早期整備を共同で推進するための合弁会社「株式会社5G JAPAN」(東京都港区)を設立した。

 KDDIとソフトバンクは、地方において5Gネットワークを早期に整備するため、合弁会社の5G JAPANを設立した(記事末の表1図1)。資本金は5億円で、KDDIとソフトバンクが50%ずつ出し合った。5G基地局の設計・施工に関する調整・管理を主な事業内容とする。

 5G JAPANは、5Gネットワークの地方展開を加速するため、KDDIとソフトバンクの両社が持つ基地局資産を効率的に相互利用する“インフラシェアリング”を推進する。こうして、5G基地局の工事設計や施工管理に関する業務を行う。両社は、「あらゆる産業をカバーする5Gネットワークを早期に整備する」としている。

表1:合弁会社「株式会社5G JAPAN」の概要(出典:KDDI、ソフトバンク)
社名 株式会社5G JAPAN
(英文社名)5G JAPAN Corporation
本社所在地 東京都港区
設立年月日 2020年4月1日
主な事業内容 5G基地局の設計・施工に関する調整・管理
代表者 代表取締役社長(co-CEO) 寺尾 徳明(KDDIから出向)
代表取締役副社長(co-CEO) 大瀧 栄司(ソフトバンクから出向)
資本金 5億円
株主構成 KDDI 50%、ソフトバンク 50%
URL https://www.5g-japan.co.jp
関連キーワード

KDDI / ソフトバンク / 5G JAPAN

関連記事

Special

-PR-

KDDIとソフトバンク、5Gの地方展開を推進する合弁会社「5G JAPAN」を設立KDDIとソフトバンクは2020年4月1日、2019年7月の両社の合意に基づき、地方における5G(第5世代移動通信システム)の早期整備を共同で推進するための合弁会社「株式会社5G JAPAN」(東京都港区)を設立した。

PAGE TOP