[新製品・サービス]

Webブラウザ操作をロボット化して自動実行できる「クラウドBOT」、C-RISEが開始

2020年4月14日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

C-RISEは2020年4月14日、ユーザーのWebブラウザ操作をロボット化してクラウド上で自動実行できるサービス「クラウドBOT」を開始した。ノンプログラミングでロボットを作成・実行できる。用途に応じて、3つの有料プランと無料プランを用意した。有料プランは、月額3000円から。

 クラウドBOTは、ユーザーのWebブラウザ操作をロボット化して、これをクラウド上で自動実行できるサービスである(画面1)。Webブラウザ操作を自動化する手法によって、Web API操作だけでなく、Web APIを用意していないWebシステムへのリクエストも自動化できる。

画面1:「クラウドBOT」の画面イメージ(出典:C-RISE)画面1:「クラウドBOT」の画面イメージ(出典:C-RISE)
拡大画像表示

 ロボットの作成にあたって専用のソフトウェアは不要である。Webブラウザ(PCやスマートフォン)があればオンラインで作成できる。作成したロボットはクラウド上で実行するため、実行環境も不要である。

 用途に合わせて、3つの有料プランと、無料プランを用意した(表1)。有料プランは無料プランと異なり、複数のロボットを並列で実行できる。また、有料プランでは、無料プランが備えない機能として、時刻や曜日などの条件を指定してロボットをスケジュール実行できる。

表1:クラウドBOTの料金プラン(出典:C-RISE)
プラン フリー シングルオフィス マルチオフィス システムリンケージ
価格(税別) 無料 月額3000円 月額6000円 月額4万8000円
ボット実行可能時間 30分/月 6時間/月 15時間/月 160時間/月
データストレージ 1GB 10GB 30GB 100GB
ボットの並列実行数 - 3 10 100
スケジュール実行 -
Web APIの実行

 並列実行可能数は、プランによって異なる。1つのロボットを複数同時に実行したり、複数のメンバーが同時に異なるロボットを実行したりできる。並列実行可能数は、「シングルオフィス」プランが3件、「マルチオフィス」プランが10件、「システムリンケージ」プランが100件、である。

 今後、クラウドBOTのラインアップを拡充する。今回提供を開始した「ブラウザ操作BOT」に加えて、2020年中に「アプリケーションBOT」(Web API操作)と「BOTをつなぐBOT」(アプリケーションBOTやブラウザ操作BOTなど複数のボットをつなぎあわせたボット)を提供する予定である。

関連キーワード

C-RISE

関連記事

Special

-PR-

Webブラウザ操作をロボット化して自動実行できる「クラウドBOT」、C-RISEが開始C-RISEは2020年4月14日、ユーザーのWebブラウザ操作をロボット化してクラウド上で自動実行できるサービス「クラウドBOT」を開始した。ノンプログラミングでロボットを作成・実行できる。用途に応じて、3つの有料プランと無料プランを用意した。有料プランは、月額3000円から。

PAGE TOP