[市場動向]

富士通とクアルコム、5Gの試験用スマートフォンでピーク通信速度3Gbit/秒超を達成

2020年5月8日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通と米クアルコムテクノロジーズ(Qualcomm Technologies)は2020年5月8日、試験用スマートフォンによる5G(第5世代移動通信システム)データ通信の実証で、ピーク通信速度3Gbit/秒を超えたと発表した。異なる電波を組み合わせて同時に通信させるキャリアアグリゲーションを用いた。

 富士通の5G基地局と、米クアルコムテクノロジーズ(Qualcomm Technologies)の5Gチップセット「Qualcomm Snapdragon X55 5G Modem-RF System」を搭載した試験用スマートフォンとの間で、5Gを用いたデータ通信を実証した。この結果、ピーク通信速度3Gbit/秒を超えるデータ通信に成功した。

 実証環境は、LTE設備と連携して5G通信を行うノンスタンドアローン構成。総務省が定めた日本国内におけるサブ6GHz帯に属する3.5GHz帯(n78)と4.9GHz帯(n79)の電波を束ねたキャリアアグリゲーション(4x4 MIMO、256QAM、TDD)の下で検証した。

 今回の実証のポイントは、無線周波数帯域を同時に複数組み合わせて通信を行うキャリアアグリゲーションを適用したこと。電波の多重化によって可用性が高まるほか、負荷分散によって周波数効率が向上する。通信帯域が広がることで、ユーザーは、通信速度の向上が見込める。

関連キーワード

5G / 富士通 / Qualcomm

関連記事

Special

-PR-

富士通とクアルコム、5Gの試験用スマートフォンでピーク通信速度3Gbit/秒超を達成富士通と米クアルコムテクノロジーズ(Qualcomm Technologies)は2020年5月8日、試験用スマートフォンによる5G(第5世代移動通信システム)データ通信の実証で、ピーク通信速度3Gbit/秒を超えたと発表した。異なる電波を組み合わせて同時に通信させるキャリアアグリゲーションを用いた。

PAGE TOP