ブロックチェーン ブロックチェーン記事一覧へ

[市場動向]

「ポストCOVIDのサプライチェーン基盤はブロックチェーン」―日本IBMがアピール

2020年5月18日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

「ポストCOVID-19のニューノーマルとして、より信頼できてリアルタイムなサプライチェーン基盤としてブロックチェーンが使われるようになる」――。日本IBMは2020年5月18日、会見を開き、同社のブロックチェーン関連サービスの取り組みをアピールした。

 「ポストCOVID-19では、インテリジェントなサプライチェーンが重要になる」と日本IBMは主張する(図1)。人が動けないことを前提とした業務体制を強化する必要があり、このためには、透明性や信頼性の担保といった、ブロックチェーンが果たす役割が大きい、と主張している。

図1:ポストCOVID-19のサプライチェーンでは、ブロックチェーンが果たす役割が大きいと日本IBMは主張する(出典:日本IBM)図1:ポストCOVID-19のサプライチェーンでは、ブロックチェーンが果たす役割が大きいと日本IBMは主張する(出典:日本IBM)
拡大画像表示

 日本IBMは、ブロックチェーンの開発基盤として、コンテナ型で動作する基盤ミドルウェア「IBM Blockchain Platform」を提供している。この上で、コンサルティングやSIサービスも提供する。さらに、ブロックチェーンを活用した、すぐに使えるSaaS型アプリケーションも複数提供している。

 同社の特徴の1つは、すぐに使えるSaaS型のアプリケーションを提供していること。会見では、SaaSの例として、サプライヤの調達を支援する「Trust Your Supplier」、国際貿易の基盤「TradeLens」、食の信頼を担保する「IBM Food Trust」、――の3つのアプリケーションを紹介した。

 サプライヤの調達を支援する「Trust Your Supplier」は、安全かつ低コストで迅速にサプライヤを調達するために2019年9月から提供している情報基盤である(図2)。サプライヤに関する情報をブロックチェーンで管理する。例えば、サプライヤは、自社情報を1度の手続きで提供できる。監査人は、監査に必要な全情報に簡単にアクセスできる。購買者は、検証済のサプライヤ評価情報を参照できる。

図2:サプライヤに関する情報をブロックチェーンで管理するSaaS型アプリケーション「Trust Your Supplier」の概要(出典:日本IBM)図2:サプライヤに関する情報をブロックチェーンで管理するSaaS型アプリケーション「Trust Your Supplier」の概要(出典:日本IBM)
拡大画像表示

 国際貿易アプリケーション「TradeLens」は、2018年12月から提供しており、2019年には国内主要貿易事業者が参加を表明した。輸出から輸入の全工程にわたる荷動き・貿易手続きをダッシュボードやアラート通知で可視化する。サービス開始以来、累計の貿易書類は900万件以上、累計イベント処理件数は11億件以上である。

 食の信頼を担保するアプリケーション「IBM Food Trust」は、2918年10月から提供している。ウォルマートとの取り組みから発展した基盤であり、現在では200以上の事業者が参加している。リコール追跡、証明書管理、鮮度管理、――などができる。国内では、小売、食品メーカーが検討しているほか、複数のSIベンダーが評価している。

 IBM Food Trustを全産業のサプライチェーンに適用できるように汎用化した「IBM Blockchain Transparent Supply」も提供している。

関連キーワード

日本IBM

関連記事

Special

-PR-

「ポストCOVIDのサプライチェーン基盤はブロックチェーン」―日本IBMがアピール「ポストCOVID-19のニューノーマルとして、より信頼できてリアルタイムなサプライチェーン基盤としてブロックチェーンが使われるようになる」――。日本IBMは2020年5月18日、会見を開き、同社のブロックチェーン関連サービスの取り組みをアピールした。

PAGE TOP