[新製品・サービス]

アイレットとKDDI、米RackspaceのAWS構築・運用サービスを日本国内で提供

AWS利用料が月額100万円の場合、構築・運用は月額61万円

2020年5月26日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アイレットとKDDIは2020年5月26日、AWS(Amazon Web Services)の設計構築から保守運用まで支援するマネージドサービスの新メニュー「Rackspace Service Blocks for AWS」を開始した。米国のクラウド運用サービス企業である米Rackspace Hostingが提供しているクラウド運用サービスを、日本国内で提供する。

 Rackspace Service Blocks for AWSは、AWSを対象とした運用サービスである。設計・構築サービス、運用・管理サービス、アカウントやコストを管理するツール、――などを提供する。米Rackspace Hostingが提供しているクラウド運用サービスのメニューを、日本国内で提供するものである(図1)。

図1:Rackspace Service Blocks for AWSを国内で提供するにあたっての3社の役割図1:Rackspace Service Blocks for AWSを国内で提供するにあたっての3社の役割
拡大画像表示

 メニューとして、クラウドサービスのライフサイクル管理に必要な要素を3つの機能に分けて、AWS向けに「Rackspace Service Blocks」として提供する(表1)。必要なサービスを選んで導入できる。各Service Blocksの利用料金は、AWSの利用料に応じて発生する。

表1:Rackspace Service Blocksを構成する3つのサービスブロック
区分 内容
Platform Essentials
(基本サポート)
クラウドサービス基盤のサポートと、アカウントおよびコストを管理するためのツールを提供する
Architect & Deploy」
(設計・構築)
新規クラウド構築プロジェクトにかかる設計サービスと構築サービスを提供する。さらに、プロジェクトの推進に必要なエンジニアリング資源を提供する
Managed & Operate
(運用・管理)
24時間365日の監視・運用サービスを提供する。運用を自動化する機能も提供する

 (1)「Platform Essentials」(基本サポート)は、クラウドサービス基盤のサポートと、アカウントおよびコストを管理するためのツールを提供する。

 (2)「Architect & Deploy」(設計・構築)は、新規クラウド構築プロジェクトにかかる設計サービスと構築サービスを提供する。さらに、プロジェクトの推進に必要なエンジニアリング資源を提供する。

 (3)「Managed & Operate」(運用・管理)は、24時間365日の監視・運用サービスを提供する。運用を自動化する機能も提供する。

 利用料金(税別)のモデルケース(AWS利用料金が月額100万円の場合)は、表2の通り。基本サポート(19万5000円)、設計・構築(28万円)、運用・管理(13万5000円)を合わせて、月額61万円になる。

表2:料金モデルケース(AWS利用料金が月額100万円の場合)
区分(月額料金) 料金(税別)
AWS利用料金 100万円
Service Blocks利用料金 Platform Essentials
(基本サポート)
19万5000円
Architect & Deploy
(設計・構築)
28万円
Managed & Operate
(運用・管理)
13万5000円
合計 161万円
関連キーワード

Rackspace / アイレット / KDDI

関連記事

Special

-PR-

アイレットとKDDI、米RackspaceのAWS構築・運用サービスを日本国内で提供アイレットとKDDIは2020年5月26日、AWS(Amazon Web Services)の設計構築から保守運用まで支援するマネージドサービスの新メニュー「Rackspace Service Blocks for AWS」を開始した。米国のクラウド運用サービス企業である米Rackspace Hostingが提供しているクラウド運用サービスを、日本国内で提供する。

PAGE TOP