システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

化学品メーカーの第一工業製薬、SAP ERPの保守をリミニストリートに切り替え

2020年5月28日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

化学品メーカーの第一工業製薬(本社、京都市)は、SAP ECC 6.0(SAP ERP 6.0)のサポートを、第三者保守サービスを手がけるリミニストリートに切り替えた。S/4HANAにアップグレードせずに、SAP ERP 6.0を使い続けられるようにした。SAP リミニストリートが2020年5月28日に発表した。

 第一工業製薬は、2015年にメインフレームの基幹システムをSAP ERPで再構築した。SAP ECC 6.0の保守切れ問題への対応の決断が迫る中、「安定稼働したばかりのSAP ERPを、S/4HANAにすぐにアップグレードするという選択肢は、どうしても取れなかった」(第一工業製薬)としている。

 2018年には、グループウェアも刷新しており、社内の保守コストにかかる高額な費用が優先的な検討事項として浮上していた。保守コスト削減に向けた検討をする過程で第三者保守サービスが選択肢に上がり、最終的にリミニストリートを採用した。これにより、S/4HANAの保守切れ問題も解決できた。

 第一工業製薬は、SAP ERPで構築した現在のシステムを、少なくとも15年間にわたって運用し続けられる。また、サービスレベル契約(SLA)として、24時間365日、優先度1の問い合わせケースにエンジニアチームが15分以内に応答する契約を結んでいる。

 第一工業製薬では、リミニストリートへと切り替えたことによる効果として、「コスト削減ではなく、SIベンダーの運用負荷を軽減し、SIベンダー内のリソースを、アプリケーション機能の改善に対して、より多く使えるようになる」という旨のコメントを出している。

関連キーワード

第一工業製薬 / リミニストリート

関連記事

Special

-PR-

化学品メーカーの第一工業製薬、SAP ERPの保守をリミニストリートに切り替え化学品メーカーの第一工業製薬(本社、京都市)は、SAP ECC 6.0(SAP ERP 6.0)のサポートを、第三者保守サービスを手がけるリミニストリートに切り替えた。S/4HANAにアップグレードせずに、SAP ERP 6.0を使い続けられるようにした。SAP リミニストリートが2020年5月28日に発表した。

PAGE TOP