[新製品・サービス]

Dell EMCのスケールアウトNAS「Isilon」が「PowerScale」に名称変更、11TBの小規模から導入可能に

OSも強化し、Amazon S3 APIでアクセス可能に

2020年6月24日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デルとEMCジャパンは2020年6月24日、スケールアウト型のファイル共有ストレージ「Isilon」のブランド名称を「PowerScale」に変更したと発表した。これに合わせて、新たに容量11Tバイトの小容量から利用できる新モデルを追加した。OSの機能面では、Amazon S3互換プロトコルでデータにアクセスできるようにした。価格はオープンかつ個別見積もりで、販売代理店はSB C&S、ダイワボウ情報システム、ネットワールドの3社。

 Dell EMC PowerScaleは、台数を増やすスケールアウトによって性能と容量を拡張できるファイル共有ストレージである。複数台で構成するクラスタを単一のファイルシステムのまま運用できる。NASで一般的なCIFS/NFSに加えて、FTP/HTTP、HDFS、NDMP、独自のREST API、――など各種のプロトコルでファイルにアクセスできる。旧称は「Dell EMC Isilon」で、今回ブランド名称を変更した。

 ブランド名の変更に合わせて、2つの新モデルを追加した。(1)「F200」は、SAS SSD×4ドライブ、容量は物理11T~46Tバイト。(2)「F600」は、NVMe SSD×8ドライブ、容量は物理46T~184Tバイト、――である。いずれも1Uラックマウント型で、従来のモデル群と比べて小容量のニーズを満たす(図1)。

図1:PowerScale(旧称はIsilon)に2つの新モデルを追加した。より小容量のニーズを満たすモデルである(出典:デル、EMCジャパン)図1:PowerScale(旧称はIsilon)に2つの新モデルを追加した。より小容量のニーズを満たすモデルである(出典:デル、EMCジャパン)
拡大画像表示

 ブランド名の変更に合わせて、OS「OneFS」も強化した。今回新たに、Amazon S3互換のオブジェクトストレージのプロトコルを搭載した(図2)。Amazon S3互換ストレージと同様の手順でDell EMC PowerScaleのファイルにアクセスできる。

図2:PowerScale(旧称はIsilon)のOSを強化し、新たにAmazon S3プロトコルでファイルにアクセスできるようにした(出典:デル、EMCジャパン)図2:PowerScale(旧称はIsilon)のOSを強化し、新たにAmazon S3プロトコルでファイルにアクセスできるようにした(出典:デル、EMCジャパン)
拡大画像表示
関連キーワード

Dell EMC / Isilon / PowerScale

関連記事

Special

-PR-

Dell EMCのスケールアウトNAS「Isilon」が「PowerScale」に名称変更、11TBの小規模から導入可能にデルとEMCジャパンは2020年6月24日、スケールアウト型のファイル共有ストレージ「Isilon」のブランド名称を「PowerScale」に変更したと発表した。これに合わせて、新たに容量11Tバイトの小容量から利用できる新モデルを追加した。OSの機能面では、Amazon S3互換プロトコルでデータにアクセスできるようにした。価格はオープンかつ個別見積もりで、販売代理店はSB C&S、ダイワボウ情報システム、ネットワールドの3社。

PAGE TOP