[新製品・サービス]

富士通FIP、クレジットカード/金融業界のデータ交換・伝送サービス「FIRST」を刷新

2020年6月26日(金)IT Leaders編集部

富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)は2020年6月25日、クレジットカード/金融業界のデータ交換・伝送サービス「FIRST」をリニューアルしたと発表した。新たに、富士通のクラウドサービス上にサービス基盤を構築し、クレジットカード業界のセキュリティガイドラインである「PCI DSS」に準拠させた。価格は、個別見積もり。販売目標は、5年間で30社38億円。

 FIRSTは、富士通FIPが1987年に販売を開始した、国内初の金融VANサービスである。企業と銀行との口座振替依頼などのデータ交換を実現するサービスとして、現在70を超えるユーザーが利用している。

図1:リニューアルした「FIRST」のサービスイメージ(出典: 富士通エフ・アイ・ピー)図1:リニューアルした「FIRST」のサービスイメージ(出典: 富士通エフ・アイ・ピー)
拡大画像表示

 今回、FIRSTの基盤を、新たに富士通のクラウドサービス上で構築した。新基盤の構築に合わせて、PCI DSSに準拠した。これにより、クレジットカード・金融業界における企業間データ伝送に利用可能なサービスへと刷新した(図1)。

 従来は、企業と銀行とのマルチバンクによるデータ交換に使う基盤だった。今回、クレジットカード会社と加盟店などとのクレジットカード情報を含むデータ伝送に利用できるようになった。保険会社と企業の間で保険料請求データを送信するといった使い方にも利用できるとしている。

さらに、各銀行の口座振替依頼などの伝送受付時間の延長に対応するため、サービス運用時間を24時間365日にした。これによって、銀行に対するデータ伝送への対応だけでなく、夜間に行う複数の相手先に対するデータ伝送もできるようになった。

関連キーワード

富士通エフ・アイ・ピー / FIRST

関連記事

Special

-PR-

富士通FIP、クレジットカード/金融業界のデータ交換・伝送サービス「FIRST」を刷新富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)は2020年6月25日、クレジットカード/金融業界のデータ交換・伝送サービス「FIRST」をリニューアルしたと発表した。新たに、富士通のクラウドサービス上にサービス基盤を構築し、クレジットカード業界のセキュリティガイドラインである「PCI DSS」に準拠させた。価格は、個別見積もり。販売目標は、5年間で30社38億円。

PAGE TOP