アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

国内エンタープライズアプリケーション市場は成長が鈍化、2019~2024年は年平均0.7%成長

2020年7月2日(木)IT Leaders編集部

IDC Japanは2020年6月30日、国内エンタープライズアプリケーション(EA)ソフトウェア市場の予測を発表した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響から、同市場では成長が鈍化し、2019~2024年は年平均0.7%の成長にとどまると見ている。

 2019年の国内EAソフトウェア市場(売上額ベース)は、前年比成長率が2.6%、市場規模は5425億8300万円だった(図1)。2019年は、2018年から引き続き、製造業での「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の進行などを要因に、PLM(製品ライフサイクル管理)アプリケーションが好調で、市場を牽引した。

図1:国内EAソフトウェア市場予測:2019年~2024年(出典:IDC Japan)図1:国内EAソフトウェア市場予測:2019年~2024年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による国内経済への影響は、同市場にも波及している。IDC Japanでは、2020年以降の同市場は成長が鈍化すると予測している。国内EAソフトウェア市場の2019年~2024年のCAGR(年間平均成長率)は0.7%で、2024年の市場規模は5630億6900万円になる。

 国内ERM(エンタープライズ資源計画)アプリケーション市場の2019年の実績は、EPM(エンタープライズパフォーマンス管理)による経営指標の可視化需要、EAM(エンタープライズ資産管理)を活用した資産管理が好調なことから、前年比0.3%増になり、市場規模が2156億9600万円になった。

 同市場は、新型コロナウイルス感染症による企業のIT投資予算の再考と「2025年の崖問題」対策という両方の影響を緩やかに受ける。EPM、人事管理/給与計算関連アプリケーションは堅調に成長する。2019年~2024年のCAGRは0.4%で推移して、2024年の市場規模は2198億4900万円に達する。

 国内SCM(サプライチェーンマネジメント)アプリケーション市場の2019年の実績は、国内/グローバルサプライチェーン需要が、2020年に予定されていた「東京2020オリンピック・パラリンピック」への期待によって回復した。しかし、同時に米中貿易戦争の影響などによる阻害要因もあり、市場成長は低調だった。市場規模は、前年比1.2%増の、385億7800万円だった。

 同市場は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響によるグローバルサプライチェーンの一時停止や国内サプライチェーンの低迷によって、2020年はマイナス成長になる。しかし、この低迷は一時的なものに留まるとIDC Japanは見ている。サプライチェーンの回復とともにビジネスプロセス中のサプライチェーンの重要性が再認識され、2021年以降は回復し、2019年~2024年のCAGRは2.3%で推移する。2024年の市場規模は、431億4800万円になる。

 国内PLMアプリケーション市場の2019年の実績は、前年比4.6%増の、2883億900万円だった。製造業での3D CADソフトウェアの需要の増加やCAE(コンピュータ支援エンジニアリング)による「デジタルツイン」需要が同市場を成長させた。

 特に、2019年10月の消費税増税前の駆け込み需要や東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたインバウンド需要の増加を期待した投資が、同市場の成長に寄与した。

 新型コロナウイルス感染症の影響は、製造業を直撃している。国内製造業における2020年の業績の低迷によって、同市場への投資延期/中止が予測される。同市場は、オンプレミス比率が高いため、プロジェクト延期/中止の影響を受けやすい。2019年~2024年のCAGRは0.8%で推移し、2024年の市場規模は3000億7200万円になる。

 なお、同市場予測は、2020年4月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮している。

関連キーワード

IDC Japan

関連記事

Special

-PR-

国内エンタープライズアプリケーション市場は成長が鈍化、2019~2024年は年平均0.7%成長IDC Japanは2020年6月30日、国内エンタープライズアプリケーション(EA)ソフトウェア市場の予測を発表した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響から、同市場では成長が鈍化し、2019~2024年は年平均0.7%の成長にとどまると見ている。

PAGE TOP