システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[調査・レポート]

2019年ITサービス上位5社は、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBM─IDC Japan

ベンダー上位7社の顔ぶれと順位は2018年と変わらず

2020年7月2日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2020年7月1日、2019年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。ベンダー売上の上位7社は、1位から順に、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBM(日本IBM)、TIS、NRI(野村総合研究所)となった。7位までの順位は、2018年から変わっていない。

 2019年の国内ITサービス市場は、5兆8558億円で、前年比成長率は3.2%だった。ベンダー売上の上位7社は、1位から順に、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBM(日本IBM)、TIS、NRI(野村総合研究所)となった(図1)。7位までの順位は、2018年から変わっていない(関連記事2018年ITサービス上位5社は、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBM―IDC Japan調べ)。

図1:2019年の国内ITサービス市場を形成する主要ベンダーの売上額(出典:IDC Japan)図1:2019年の国内ITサービス市場を形成する主要ベンダーの売上額(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 セグメント別に見ると、システム構築案件のプロジェクトベース市場は、売上額上位10社すべてがプラス成長となった。このうち8社は5%を超える成長率を示し、国内ITサービス市場の成長の牽引役となった。既存システムの大規模更改案件の獲得に加えて、デジタル領域の拡大などが寄与した。

 運用を受託するマネージドサービス市場も、上位ベンダーのほとんどが堅調に売上を拡大した。保守を請け負うサポートサービスは、ハードウェア保守の長期的縮小傾向のために上位10社中4社がマイナス成長となったが、Windows10の更新需要にともなうPC特需などが売上の拡大につながったベンダーもあった。

 産業分野別に見ると、金融では業績にばらつきが見られた。メガバンクの統合案件が終息した影響が残る一方で、保険や証券向けなど他の領域でカバーしたベンダーもある。製造では主に、顧客グループ再編にともなうシステム移行など、既存領域の大規模案件の獲得が成長を左右した。流通は、キャッシュレス/電子決済関連の需要が高かった。

 他に注目すべき動きとしては、日立製作所、NTTデータ、NECは、中央官庁や地方自治体向けを中心に比較的高い成長率を示した。アクセンチュアは、金融で新たに売上額トップ10に入ったほか、製造、通信/メディア、政府/公共でも順位を上昇させた。

 売上額の前年比成長率が最も高かったのは、5年連続でアクセンチュアだった。業務のデジタル化によって新しいビジネス創造をサポートするデジタル変革領域や、これにともなう基幹系システム改修のニーズ、クラウド移行の需要を売上に結びつけたことが、同社の成長を牽引した。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『国内ITサービス市場シェア、2019年:DX領域の売上への寄与が本格化』で詳細を報告している。本レポートは、国内ITサービス市場における大手サービスベンダーの競合状況を把握するため、大手ITサービスベンダー各社の売上をサービスセグメント別/産業分野別にまとめ、分析している。

関連キーワード

富士通 / IDC / 日立製作所 / NTTデータ / NEC / IBM

関連記事

Special

-PR-

2019年ITサービス上位5社は、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBM─IDC JapanIDC Japanは2020年7月1日、2019年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。ベンダー売上の上位7社は、1位から順に、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBM(日本IBM)、TIS、NRI(野村総合研究所)となった。7位までの順位は、2018年から変わっていない。

PAGE TOP