[事例ニュース]

経済産業省、クラウド名刺管理「Sansan」を導入、職員4000人がオンライン名刺を活用

2020年7月8日(水)IT Leaders編集部

経済産業省は、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入した。職員約4000人でオンライン名刺機能の利用を開始した。名刺のデジタル化によって、名刺の整理や省内の人脈の確認に費やす時間を削減できた。局を横断した人脈の可視化も可能になった。Sansanが2020年7月7日に発表した。

 経済産業省は、2019年からスタートアップ支援に関連する複数の部局でSansanを試験的に導入してきた。今回、業務の生産性やパフォーマンス向上の効果が見られたことから、正式に導入した。オンライン名刺機能の活用も開始する。

 経済産業省はこれまで、現場とのつながりを省内で共有して活用する仕組みが十分に構築できていなかった。Sansanとオンライン名刺を活用することで、こうした課題を解決する。

 Sansanの試験導入で得られた効果の1つは、名刺のデジタル化によって、名刺の整理や省内の人脈の確認に費やす時間を削減できたことである。また、時間や場所を選ばずにほかの職員が持つ名刺にアクセスし、企業情報やコンタクトの履歴の確認をすることも可能になった。

 局を横断した人脈の可視化も可能になった。従来は名刺を個人で管理していたため、省内での情報共有に課題があった。情報収集も効率化できた。Sansanは、名刺を交換した人や企業に関するニュースを表示する機能を備えており、企業や業界の最新情報を効率よく把握できるようになった。

 Sansanの機能として、オンライン名刺機能も利用する。オンライン上で手軽に名刺を送付できる。顔写真付きのオンライン名刺のリンクを生成して送付する仕組み。名刺の受領相手はSansanユーザーである必要がない。

関連キーワード

経済産業省 / Sansan / 名刺管理

関連記事

Special

-PR-

経済産業省、クラウド名刺管理「Sansan」を導入、職員4000人がオンライン名刺を活用経済産業省は、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入した。職員約4000人でオンライン名刺機能の利用を開始した。名刺のデジタル化によって、名刺の整理や省内の人脈の確認に費やす時間を削減できた。局を横断した人脈の可視化も可能になった。Sansanが2020年7月7日に発表した。

PAGE TOP