[新製品・サービス]

HPE、スパコンに向いた高密度PCサーバー機にAMD EPYCプロセッサを搭載、性能を増強

2020年7月8日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード)は2020年7月8日、2Uラックマウントに4台のPCサーバーを実装した高密度PCサーバー機「HPE Apollo 2000 Gen10 Plus System」を発表した。スーパーコンピュータのようなHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)クラスタの構築に向く。価格(税別)は121万3000円からで、同日提供を開始した。

 HPE Apollo 2000 Gen10 Plus System(写真1)は、2Uラックマウントに4台のPCサーバーを実装した高密度PCサーバー機である。42Uのラックに20台のHPE Apollo 2000 Plusを搭載できる。これにより、1ラックあたり80台のサーバーを稼働できる。

写真1:HPE Apollo 2000 Gen10 Plusの外観写真1:HPE Apollo 2000 Gen10 Plusの外観
拡大画像表示

 サーバーの台数を増やすスケールアウトによって分散処理の計算能力を拡張する使い方に適する。スーパーコンピュータなどのHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)クラスタの構築に向く。

 小規模クラスタから大規模クラスタまで、需要に応じてハードウェアリソースをカスタマイズできる。ストレージは、SAS/SATAドライブであれば0~24台を搭載できる。メモリーは、CPUあたり最大16個のDIMMを搭載する。

 システム管理ソフトウェア「HPE Performance Cluster Manager」も用意した。HPCクラスタを管理するために必要な機能を一通り備える。

 今回発表したHPE Apollo 2000 Gen10 Plusは、CPUに第2世代AMD EPYC 7002プロセッサを搭載する(図1)。冷却性能を高めたことで、240Wを超えるTDP(熱設計電力)のCPUも利用できる。これに対し、高密度PCサーバー機の既存製品「HPE Apollo 2000 Gen10」は、CPUにIntel Xeonを搭載している。

図1:既存モデル(Intel Xeonベース)と新モデル(AMD EPYCベース)の比較(出典:日本ヒューレット・パッカード)図1:既存モデル(Intel Xeonベース)と新モデル(AMD EPYCベース)の比較(出典:日本ヒューレット・パッカード)
拡大画像表示

 今回のHPE Apollo 2000 Gen10 Plusでは、CPU性能などを既存製品よりも高めた。これまで2CPUを要していた処理を1CPUで実現できるようになるなど、性能向上による効果は高いとしている。

関連キーワード

日本ヒューレット・パッカード / スーパーコンピュータ / EPYC

関連記事

Special

-PR-

HPE、スパコンに向いた高密度PCサーバー機にAMD EPYCプロセッサを搭載、性能を増強 ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード)は2020年7月8日、2Uラックマウントに4台のPCサーバーを実装した高密度PCサーバー機「HPE Apollo 2000 Gen10 Plus System」を発表した。スーパーコンピュータのようなHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)クラスタの構築に向く。価格(税別)は121万3000円からで、同日提供を開始した。

PAGE TOP