[新製品・サービス]

CTC、Microsoft 365の操作問い合わせ対応に特化したAIチャットボット「Smart365」を販売

2020年7月17日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2020年7月15日、Microsoft 365の操作問い合わせ対応に特化したAIチャットボット「Smart365」の販売を開始した。SaaS型クラウドサービスまたはオンプレミスで動作するソフトウェアの形態で提供する。価格(税別)は、SaaS型で月額10万円から。開発会社は、台湾のIntumit。

 Smart365は、Microsoft 365の操作問い合わせ対応に特化したAIチャットボットである。スケジュール、通話/Web会議、タスク管理、ファイル・情報の管理・共有など、Microsoft 365の各機能について、チャットを介して操作方法を調べられる。チャットボットのユーザーインタフェースにはMicrosoft Teamsを使う。

 Microsoft 365を構成するアプリケーション群の操作方法や設定について、質疑応答の大量データを備えている。問い合わせ対応の言語として、まずは中国語と日本語で提供する。現在、英語、タイ語を含めた他の言語への対応を進めている。

 CTCと台湾Intumitは、2019年5月からAIチャットボットサービスを国内企業に向けて提供している。今回の製品についても、開発段階から協業を進めてきた。CTCは、製品販売からインフラを含めた導入支援、ナレッジデータベースの構築、チューニングの支援、保守サポートまで、トータルなサービスを提供する。

関連キーワード

チャットボット / CTC / Microsoft 365

関連記事

Special

-PR-

CTC、Microsoft 365の操作問い合わせ対応に特化したAIチャットボット「Smart365」を販売伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2020年7月15日、Microsoft 365の操作問い合わせ対応に特化したAIチャットボット「Smart365」の販売を開始した。SaaS型クラウドサービスまたはオンプレミスで動作するソフトウェアの形態で提供する。価格(税別)は、SaaS型で月額10万円から。開発会社は、台湾のIntumit。

PAGE TOP