[新製品・サービス]

NEC、SANストレージのミッドレンジモデルを刷新、AWSへのデータバックアップサービスも提供

2020年7月22日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2020年7月21日、SANストレージ「iStorage Mシリーズ」のミドルレンジモデルを刷新し、新製品3機種の販売を開始した。2020年8月27日から出荷する。2020年7月21日には、データバックアップ専用ストレージ「iStorage HSシリーズ」で利用できる「クラウド遠隔バックアップサービス」も開始した。

写真1:iStorage M720の外観写真1:iStorage M720の外観
拡大画像表示

 SANストレージ「iStorage Mシリーズ」のミドルレンジモデルを刷新した。新モデルは3機種あり、SSD/HDDハイブリッドモデルの「iStorage M520」および「iStorage M720」(写真1)、オールフラッシュストレージの「iStorage M720F」、――である。

 新機種は、従来機種と比べて、処理性能やデータ保存容量を向上させている。オールフラッシュ構成の従来機種「iStorage M710F」と新機種「iStorage M720F」の比較では、処理性能が2.3倍、データ保存容量が2.1倍に向上した。

 価格(税別)は、iStorage M520が1363万円から、iStorage M720が2284万1000円から、iStorage M720Fが2409万8000円から。

AWSへのデータバックアップサービスも用意

 同日、データバックアップ専用ストレージ「iStorage HSシリーズ」で利用できる「クラウド遠隔バックアップサービス」も開始した。遠隔バックアップ先として、パブリッククラウドのAWS(Amazon Web Services)を利用できる。

 AWS上で仮想アプライアンス型のiStorage HSシリーズを動作させ、2台のiStorage HSシリーズ間でデータをレプリケーションする形になる(図1)。

図1:「クラウド遠隔バックアップサービス」の概要。AWS上で仮想アプライアンス型のiStorage HSシリーズを動作させ、2台のiStorage HSシリーズ間でデータをレプリケーションする形になる(出典:NEC)図1:「クラウド遠隔バックアップサービス」の概要。AWS上で仮想アプライアンス型のiStorage HSシリーズを動作させ、2台のiStorage HSシリーズ間でデータをレプリケーションする形になる(出典:NEC)
拡大画像表示

 クラウド遠隔バックアップサービスは、最小容量1TBから利用できる。このため、スモールスタートでBCP(事業継続計画)対策を実施できる。データレプリケーション時には、重複排除と圧縮機能によって、転送データ量を削減できる。

 クラウド遠隔バックアップサービスの価格は、初期費用が10万円、月額3万7000円から。

関連キーワード

NEC

関連記事

Special

-PR-

NEC、SANストレージのミッドレンジモデルを刷新、AWSへのデータバックアップサービスも提供NECは2020年7月21日、SANストレージ「iStorage Mシリーズ」のミドルレンジモデルを刷新し、新製品3機種の販売を開始した。2020年8月27日から出荷する。2020年7月21日には、データバックアップ専用ストレージ「iStorage HSシリーズ」で利用できる「クラウド遠隔バックアップサービス」も開始した。

PAGE TOP