[事例ニュース]

第一生命、保障プランをAIが作成するシステムを稼働、設計者1人あたり年間120時間を削減

2020年7月29日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

第一生命保険は2020年7月29日、保険商品の保障プランをAIが作成する「AI保障設計レコメンドシステム」を開発したと発表した。2020年4月から全国への展開を始めている。保険設計者1人あたり年間約120時間を削減する。

 第一生命保険が開発した「AI保障設計レコメンドシステム」は、保険商品の保障プランをAIが作成して営業員用端末に提示するシステムである。加入中の契約情報に加えて、契約者が重視したい保障内容や予算の意向に基づき、「3大疾病等重視プラン」「死亡重視プラン」「病気・ケガ重視プラン」などの保障プランを自動で作成する(画面1)。

画面1:「AI保障設計レコメンドシステム」の画面(出典:第一生命保険、富士通)画面1:「AI保障設計レコメンドシステム」の画面(出典:第一生命保険、富士通)
拡大画像表示

 AIモデルは、第一生命の保険設計者(生涯設計デザイナ)が過去に作成した約1700万件の保障設計データをマシンラーニング(機械学習)で学習して構築した。家族情報や加入中の契約情報、重視したい保障内容などの意向をインプットすることで、保障プランを自動作成し、営業員用端末にレコメンド表示する。

 生涯設計デザイナが行っている保険提案のプロセスをAIが支援する。契約者のニーズを確認するステップと、具体的な提案をするステップである。これにより、入社間もない生涯設計デザイナを中心に、コンサルティング力を高度化し、品質を均質化する。

 生涯設計デザイナは、1日の業務時間のうち、保障プランの作成に約1~2時間を使っている。今回のシステムを導入することによって、1日あたり約30分、年間で約120時間の業務時間を短縮できる。

 富士通は、本システムにおいて、AI学習モデルの構築、およびアプリケーションとクラウド基盤の開発支援と運用を担当している。

関連キーワード

第一生命保険 / 保険 / 金融

関連記事

Special

-PR-

第一生命、保障プランをAIが作成するシステムを稼働、設計者1人あたり年間120時間を削減第一生命保険は2020年7月29日、保険商品の保障プランをAIが作成する「AI保障設計レコメンドシステム」を開発したと発表した。2020年4月から全国への展開を始めている。保険設計者1人あたり年間約120時間を削減する。

PAGE TOP