開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[事例ニュース]

住友生命グループ、機能テストツールでシステム開発期間を短縮、保険商品を早期にリリース

2020年8月7日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

住友生命グループのシステム構築を手がけるスミセイ情報システムは、保険商品の開発期間を従来の4分の3に短縮して商品リリースサイクルを早めるプロジェクトの下、機能テストツールを使ってテスト工程の作業負荷を減らした。機能テストツール「UFT One」を導入するとともに、Excelを使って誰でも簡単にテスト計画を作成できるツールを開発している。機能テストツールのUFT Oneを提供したアシストが2020年8月7日に発表した。UFT Oneの開発元は、マイクロフォーカスエンタープライズ。

 住友生命グループは、保険商品の開発期間を従来の4分の3に短縮して商品リリースサイクルを早めたいという要望を持っていた。これに対して、住友生命グループのシステム構築を手がけるスミセイ情報システムは、2017年度に、商品リリースサイクル早期化のためのプロジェクトを発足させた。

 システム開発を高速化するにあたっては、検証工程に大きな課題があった。アプリケーションの機能テストにかかる時間が検証工程の6~7割を占めており、中でも手作業で行っていた「テスト打鍵・証跡取得」の負荷が高く、開発期間を短縮する上でのボトルネックになっていた。手作業であるため、打鍵ミスや証跡取得漏れなど、作業品質への懸念もあった。

 そこで、機能テストを自動化できるソフトウェアとして、UFT Oneを活用することにした(図1)。当時すでに、回帰テストにUFT Oneを活用していた。これを、新たに開発した機能のテストへと拡大した。テストスクリプトの作成を容易にするための仕掛けや、Excelを使って誰でも簡単にテストデータを入力してテスト計画を作成できるツールを開発した。

図1:機能テストツール「UFT One」と、Excelで開発したテスト支援ツールによって、システムの開発期間を短縮した(出典:アシスト)図1:機能テストツール「UFT One」と、Excelで開発したテスト支援ツールによって、システムの開発期間を短縮した(出典:アシスト)
拡大画像表示
関連キーワード

スミセイ情報システム / UFT One / アシスト

関連記事

Special

-PR-

住友生命グループ、機能テストツールでシステム開発期間を短縮、保険商品を早期にリリース住友生命グループのシステム構築を手がけるスミセイ情報システムは、保険商品の開発期間を従来の4分の3に短縮して商品リリースサイクルを早めるプロジェクトの下、機能テストツールを使ってテスト工程の作業負荷を減らした。機能テストツール「UFT One」を導入するとともに、Excelを使って誰でも簡単にテスト計画を作成できるツールを開発している。機能テストツールのUFT Oneを提供したアシストが2020年8月7日に発表した。UFT Oneの開発元は、マイクロフォーカスエンタープライズ。

PAGE TOP