アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

サンデン、設計・生産プロセスをグローバルで一元管理するPLMシステムを導入

2020年8月20日(木)IT Leaders編集部

サンデンホールディングスは、設計・生産のプロセスをグローバルで一元的に管理するPLM(製品ライフサイクル管理)システムを2020年8月に稼働させた。これまで世界各地の拠点ごとに管理していたCADデータや部品表などのデータをPLMで集約して管理することで、プロセスの全社標準化、設計工数の削減、在庫管理の適正化や調達コストの削減などを図る。まずは国内拠点で稼働を開始しており、今後は順次、海外拠点に展開する。PLMソフトウェアを提供・導入したNECが2020年8月19日に発表した。

 サンデンは従来、世界各地の拠点ごとに独立して、設計・生産に係るデータを管理していた。このため、設計から生産に至るプロセスが効率化できていなかった。データを一元的に管理できていなかったため、在庫も適正化できていなかった。

 そこでサンデンは、アルゴグラフィックスとNECと連携し、設計・生産のプロセスをグローバルに一元的に管理する新しいPLMシステムを導入した(図1)。

図1:サンデンホールディングスが構築したグローバルPLMシステムの概要(出典:NEC)図1:サンデンホールディングスが構築したグローバルPLMシステムの概要(出典:NEC)
拡大画像表示

 アルゴグラフィックスは、CADデータ・図面・設計部品表など開発・設計用のデータをグローバルで一元管理する。また、チームでの設計開発業務を効率化するPLMソフトウェア「3DEXPERIENCEプラットフォーム」およびシステム基盤(クラウド環境)の構築・運用を支援している。

 NECは、図面・仕様書・設計部品表のほか、各拠点生産部品表・案件情報・生産技術情報など、製品ライフサイクル全般に渡る技術情報を一元管理するPLMソフトウェア「Obbligato(オブリガート)」を導入し、グローバルで設計・生産をつなぐ基盤の構築・運用を支援している。

関連キーワード

サンデンホールディングス / PLM / NEC

関連記事

Special

-PR-

サンデン、設計・生産プロセスをグローバルで一元管理するPLMシステムを導入サンデンホールディングスは、設計・生産のプロセスをグローバルで一元的に管理するPLM(製品ライフサイクル管理)システムを2020年8月に稼働させた。これまで世界各地の拠点ごとに管理していたCADデータや部品表などのデータをPLMで集約して管理することで、プロセスの全社標準化、設計工数の削減、在庫管理の適正化や調達コストの削減などを図る。まずは国内拠点で稼働を開始しており、今後は順次、海外拠点に展開する。PLMソフトウェアを提供・導入したNECが2020年8月19日に発表した。

PAGE TOP