[新製品・サービス]

コンカー、請求書を「Concur Invoice」に自動で取り込めるAI-OCR機能を提供

2020年8月20日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

コンカーは2020年8月20日、請求書の画像からテキスト情報を抽出し、抽出したデータを請求書管理サービス「Concur Invoice」に自動で連携させるAI-OCR機能「Remota」を発表した。同年9月以降に提供を開始する。

 Remotaは、請求書の処理に利用できる、クラウド型のAI-OCRサービスである。メールやオンラインストレージ経由でアップロードした請求書の画像からデータを抽出し、抽出したデータを外部のクラウドサービスに取り込める。ファーストアカウンティングがRemotaのサービスを提供している。

 ディープラーニング(深層学習)を用いて、経理特有の証憑書類の形式をあらかじめ学習している。さらに、AIが読み取った値を自動でチェックするロジックチェック機能を備えている。

 コンカーは、コンカーの機能請求書管理サービスであるConcur Invoiceへのデータ入力を簡素化する仕掛けとして、Remotaを提供する(図1)。企業が受け取る請求書の入力を自動化することで、請求書処理業務の負荷を軽減する。

図1:請求書の画像を読み取って請求書管理サービス「Concur Invoice」に自動で取り込めるAI-OCR機能を提供する(出典:コンカー)図1:請求書の画像を読み取って請求書管理サービス「Concur Invoice」に自動で取り込めるAI-OCR機能を提供する(出典:コンカー)
拡大画像表示

 コンカーは、外部サービスとの連携を通じて経費や請求書の支払・管理に係る一連のプロセスを効率化する「SAP Concur App Center」のサービスの拡充を進めている。今回、SAP Concur App Centerの新たなサービスとして、Concur Invoice向けにRemotaを提供する。

関連キーワード

AI-OCR / Concur / SAP

関連記事

Special

-PR-

コンカー、請求書を「Concur Invoice」に自動で取り込めるAI-OCR機能を提供 コンカーは2020年8月20日、請求書の画像からテキスト情報を抽出し、抽出したデータを請求書管理サービス「Concur Invoice」に自動で連携させるAI-OCR機能「Remota」を発表した。同年9月以降に提供を開始する。

PAGE TOP