[市場動向]

ヴイエムウェア、ネットワークカードに処理をオフロードする「Project Monterey」を発表

2020年10月1日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヴイエムウェアは2020年10月1日、米VMwareの年次カンファレンス「VMworld 2020」の発表内容の一部として、同社製品の直近の動向を説明した。今後登場する新機能として、ネットワークカードに処理をオフロードする「Project Monterey」を説明した。2020年9月にリリースしたサーバー仮想化基盤ソフトウェアの新版「VMware vSphere 7 Update 1」の強化点も説明した。

 サーバー仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」の今後の強化点の1つが、ネットワークカードに処理をオフロードする「Project Monterey」である(図1)。Armプロセッサを搭載した「SmartNIC」上で、ハイパーバイザ「ESXi」の機能のうち、サーバー側で実行する必要のない処理(ネットワークやストレージの処理)を実行する。これにより、コンピュート処理にCPUのリソースの多くを割けるようにする。米VMwareは現在、SmartNICの実現に向けて、米Intelや米NVIDIAなど複数の企業と協業している。

図1:Arm搭載ネットワークカードにESXiのネットワーク/ストレージ処理をオフロードする「Project Monterey」の概要(出典:ヴイエムウェア)図1:Arm搭載ネットワークカードにESXiのネットワーク/ストレージ処理をオフロードする「Project Monterey」の概要(出典:ヴイエムウェア)
拡大画像表示

 発表会では、2020年9月にリリースしたサーバー仮想化基盤ソフトウェアの新版「VMware vSphere 7 Update 1」の強化点も説明した。2020年4月にリリースしたメジャーバージョン「VMware vSphere 7」の初のアップデートに相当する。強化点のハイライトは、モンスターVMの拡張性、vSANの拡張性、Kubernetesの選択肢の拡大、などである(関連記事サーバー仮想化基盤の新版「VMware vSphere 7 Update 1」、メモリー24TBのモンスターVMやvSANのSMBファイル共有などを強化)。

 1台の仮想サーバーをスケールアップして巨大なサーバーとして利用する“モンスターVM”(仮想マシン)の規模を拡張した(図2)。1つのVMで、メモリー最大24TBまで、CPUは768 vCPUまで拡張できるようにした。これに対して、これまでのモンスターVMの規模は、メモリーが6TBまで、CPUは256 vCPUまでだった。メモリーは4倍に、CPUは2.5倍に向上した。サーバークラスタの拡張性も高めた。1つのクラスタを構成するホスト数の上限を、これまでの64ホストから96ホストへと50%高めた。

図2:VMware vSphere 7 Update 1で利用できるモンスターVMの規模(出典:ヴイエムウェア)図2:VMware vSphere 7 Update 1で利用できるモンスターVMの規模(出典:ヴイエムウェア)
拡大画像表示

 カーネルに含まれる分散ストレージ機能であるvSANも強化した。異なるvSANクラスタ間でストレージを共有できるようになった。他のクラスタのノードに空き領域があった場合に、これを間借りできる。また、ファイルアクセスの手段も拡張し、NFSに加えてSMB(SMB v3/2.1)でアクセスできるようにした。

関連キーワード

VMware / vSphere

関連記事

Special

-PR-

ヴイエムウェア、ネットワークカードに処理をオフロードする「Project Monterey」を発表ヴイエムウェアは2020年10月1日、米VMwareの年次カンファレンス「VMworld 2020」の発表内容の一部として、同社製品の直近の動向を説明した。今後登場する新機能として、ネットワークカードに処理をオフロードする「Project Monterey」を説明した。2020年9月にリリースしたサーバー仮想化基盤ソフトウェアの新版「VMware vSphere 7 Update 1」の強化点も説明した。

PAGE TOP