開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ジャストシステム、Webデータベース新版「UnitBase 6.0」、外部DBと接続してデータを取り込み可能に

2020年10月6日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ジャストシステムは2020年10月6日、データベースアクセスをともなうWebアプリケーションをノンプログラミングで開発できるソフトウェアの新版「UnitBase 6.0」を発表した。2020年11月24日から提供する。新版では、外部データベースからデータを取り込める上位版「UnitBase Enterprise」を追加した。価格(税別)は、同時ログイン10ユーザーの場合に199万円で、年間保守料は39万8000円。上位版「UnitBase Enterprise」の価格は、同時ログイン10ユーザーの場合に249万円で、年間保守料は49万8000円。

 UnitBaseは、ドラッグ&ドロップ操作やExcelファイルの取り込みといった簡単な操作で、案件管理や問い合わせ管理、顧客管理といったWeb型のデータベースアプリケーションを作成できるソフトウェアである。情報システム部門の工数をかけることなく、ユーザー部門だけでシステムを構築できる、としている。

 同時ログインユーザー数に応じたライセンスを採用している。利用するユーザー数やデータベース数を気にせずに、複数の部門や全社に展開できる。

基幹システムのデータベースと接続してデータを活用可能に

 新版では新たに、機能上位版となる「UnitBase Enterprise」を追加した。UnitBase Enterpriseでは、社内にある既存のデータベース管理システム(Oracle Database、SQL Server)と接続して、これらからデータを取得できる。2021年3月には、オープンソースのPostgreSQLとMySQLにも接続できるようにする。

 外部データベース連携により、これまで活用できていなかった基幹システムのデータを活用しやすくなる。例えば、最新の顧客マスターデータをUnitBase Enterpriseに取り込み、Web上で関連情報の追加や帳票出力ができる。商談管理や見積書の発行といった業務がスムーズに行えるようになる。

改修後の動作確認が事前に行える開発環境DBを作成可能に

 標準版のUnitBase 6.0も、新版で機能を強化した。CSV(カンマ区切り形式)ファイルやExcelファイルを自動で取り込む機能を搭載した。スケジュール設定により、データの差分を更新できる。定期的に提出する日報などの管理に利用できる。Excelファイルは、一覧形式と帳票形式の両方を取り込める。

 2021年3月には、改修後の動作確認が事前に行える開発環境「サンドボックスデータベース」を追加する。本番環境のデータベースを複製して作成する。本番環境に反映する前に、レコードのフィールドやレイアウトの変更などを試せる。

 UnitBaseの稼働OSは、Windows 8.1/10またはWindows Server 2012/2012 R2/2016/2019。Webデータベースにアクセスする環境は、各種Webブラウザ。

関連キーワード

ジャストシステム / UnitBase

関連記事

Special

-PR-

ジャストシステム、Webデータベース新版「UnitBase 6.0」、外部DBと接続してデータを取り込み可能にジャストシステムは2020年10月6日、データベースアクセスをともなうWebアプリケーションをノンプログラミングで開発できるソフトウェアの新版「UnitBase 6.0」を発表した。2020年11月24日から提供する。新版では、外部データベースからデータを取り込める上位版「UnitBase Enterprise」を追加した。価格(税別)は、同時ログイン10ユーザーの場合に199万円で、年間保守料は39万8000円。上位版「UnitBase Enterprise」の価格は、同時ログイン10ユーザーの場合に249万円で、年間保守料は49万8000円。

PAGE TOP