[事例ニュース]

理化学研究所、研究データを処理・保存するプライベートクラウド「HOKUSAI-SailingShip」を稼働

2020年10月19日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

理化学研究所は2020年10月19日、研究データを処理・保存するシステム「HOKUSAI-SailingShip」の本番運用を開始した。OpenStackベースの仮想化基盤を搭載した440台のPCサーバーと30ペタバイトのストレージシステムで構成する。同システムを受注して構築した富士通が2020年10月19日に発表した。

 理化学研究所は、研究データを蓄積して処理するシステム基盤「HOKUSAI-SailingShip」を稼働させた(写真1)。実験やシミュレーションなどで生まれる膨大なデータを円滑に処理・保存することが目的である。このために、CPU、ストレージ、OS/ミドルウェアなどのIT資源をオンデマンドで柔軟に配分できる仕組みを構築した。

写真1:「HOKUSAI-SailingShip」の外観写真1:「HOKUSAI-SailingShip」の外観

 システムは、OpenStackベースの仮想化基盤「Mirantis Cloud Platform」を搭載したPCサーバー機「FUJITSU Server PRIMERGY CX2550 M5」×440台と、各種のプロトコルでデータにアクセスできる容量30ペタバイトのストレージシステムで構成する。サーバー間は広帯域のイーサネット網で接続している。

 OpenStackベースのプライベートクラウド基盤を用いることで、事務用途から研究用途まで、要求に合わせて計算資源を柔軟に供給できる環境を実現した。また、オープンソースの活用により、システムのブラックボックス化を防いでいる。

 HOKUSAI-SailingShipのシステム構成は表1の通り。

表1:「HOKUSAI-SailingShip」システムの主な構成
CPUファーム ノード数 440ノード
コア数 2万1120コア
総メモリー容量 165.0テラバイト
データファーム 容量 30.0ペタバイト
バンド幅 毎秒350ギガバイト
関連キーワード

理化学研究所 / 富士通

関連記事

Special

-PR-

理化学研究所、研究データを処理・保存するプライベートクラウド「HOKUSAI-SailingShip」を稼働理化学研究所は2020年10月19日、研究データを処理・保存するシステム「HOKUSAI-SailingShip」の本番運用を開始した。OpenStackベースの仮想化基盤を搭載した440台のPCサーバーと30ペタバイトのストレージシステムで構成する。同システムを受注して構築した富士通が2020年10月19日に発表した。

PAGE TOP