[市場動向]

DBサーバー専用機の現行モデル「Oracle Exadata X8M」がOracle Cloudで利用可能に

2020年10月19日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米Oracleは2020年10月15日(米国現地時間)、データベースサーバー専用機であるOracle ExadataをOracle Cloud上で利用できる「Oracle Exadata Cloud Service」をアップデートし、2020年10月から新機種「Oracle Exadata Database Machine X8M」を利用できるようにすると発表した。グローバル26の商用リージョンと、ローカル環境にOracle Cloudのリージョンを構築できるOracle Dedicated Region Cloud@Customerで利用できる。

 米Oracleは、データベースサーバー専用機のクラウドサービス「Oracle Exadata Cloud Service」を強化し、データベースサーバー専用機を現行機種の「Oracle Exadata X8M」に更新した。これにより、従来と比べて、SQL読み取りのピーク性能が2.5倍に、リモートI/Oレイテンシが10分の1以下になった。

 Oracle Exadataは、データベースサーバー専用機である。特徴は、ストレージからデータベースサーバーへのデータ転送量を削減するアーキテクチャによって処理を高速化していること。SQLクエリーを受け付けるフロントのDBサーバークラスタの背後に、検索機能を自前で備えたストレージユニット群を配備し、検索処理を分散する。

 Oracle Exadata X8Mは、現行モデルである(関連記事DBサーバー専用機「Oracle Exadata X8M」、不揮発性メモリーとRDMAで2.5倍に高速化)。現行モデルでは、ストレージアクセスによる性能のボトルネックを排除する策として、ストレージサーバー内にDIMM型の不揮発性メモリー「Intel Optane DC Persistent Memory」を搭載した。これをRDMA(リモートダイレクトメモリーアクセス)と組み合わせている。

 CPUコア数4つの最小規模のHA構成から始め、事業の成長に合わせてシステムを停止することなくコンピュートやストレージを追加できる。最大で4600 CPUコア、メモリー44Tバイト、不揮発性メモリー96Tバイト、フラッシュストレージ1.6ペタバイト、データベース容量25ペタバイトまで拡張できる。

関連キーワード

Oracle Exadata / Oracle Cloud

関連記事

Special

-PR-

DBサーバー専用機の現行モデル「Oracle Exadata X8M」がOracle Cloudで利用可能に米Oracleは2020年10月15日(米国現地時間)、データベースサーバー専用機であるOracle ExadataをOracle Cloud上で利用できる「Oracle Exadata Cloud Service」をアップデートし、2020年10月から新機種「Oracle Exadata Database Machine X8M」を利用できるようにすると発表した。グローバル26の商用リージョンと、ローカル環境にOracle Cloudのリージョンを構築できるOracle Dedicated Region Cloud@Customerで利用できる。

PAGE TOP