[新製品・サービス]

KDDIとNEC、固定通話の事業者間IP接続に向け仮想ネットワーク管理機能を開発、OSSを活用

2020年10月27日(火)IT Leaders編集部

KDDIとNECは2020年10月26日、固定通話の国内事業者間のIPベースでの相互接続への移行に向けて、オープンソースの「OpenStack Tacker」を利用した、仮想ネットワーク管理機能(VNFM)を開発したと発表した。

 KDDIとNECは今回、固定通話の事業者間をIPネットワークで接続するにあたり、オープンソースのTackerを利用した仮想ネットワーク管理機能(VNFM)を開発した。

 VNFMは、事業者同士をIPで相互接続する際に導入する仮想ネットワーク機能(VNF)について、管理や制御、構成変更を自動で行う機能を提供する。簡単なインタフェースを介してVNFをネットワークに接続できるため、迅速にサービスを提供できる(図1)。

図1:TackerをもとにしたVNFMの特徴(出典:KDDI、NEC)図1:TackerをもとにしたVNFMの特徴(出典:KDDI、NEC)

 なお、オープンソースのTackerは、クラウド運用基盤であるOpenStackにおいて、VNFM機能を含む統合管理機能を実現するプロジェクトである。OpenStackの各コンポーネントと一体で構築・運用ができるため、容易に導入できる。

 今後、2社が開発した成果は、OpenStackのコミュニティに還元する。これにより、Tackerの発展を支援する。KDDIはユースケースをコミュニティに提供する。NECは、ユースケースを受けて商用導入可能な機能を開発する。通信事業者の要望をソフトウェアに反映させ、コミュニティの発展に貢献する。

 なお、NECは、Tackerを基に開発した商用のVNFM製品を「NEC OSS MANO」の名称で通信事業者向けに提供している。

 背景には、2021年以降、固定通話における国内事業者間の接続を、段階的にIP相互接続へ移行していくという状況がある。従来は回線交換方式をとっていたが、回線交換方式には、開発者の確保が難しいことや、専用の設備を継続的に開発していく必要があることなどの課題がある。

関連キーワード

KDDI / NEC

関連記事

Special

-PR-

KDDIとNEC、固定通話の事業者間IP接続に向け仮想ネットワーク管理機能を開発、OSSを活用KDDIとNECは2020年10月26日、固定通話の国内事業者間のIPベースでの相互接続への移行に向けて、オープンソースの「OpenStack Tacker」を利用した、仮想ネットワーク管理機能(VNFM)を開発したと発表した。

PAGE TOP