[新製品・サービス]

富士通SSL、トラフィック分析で脅威を検出するNDRアプライアンス「Vectra AI」を販売

2020年11月6日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は2020年11月5日、アプライアンス型のNDR(ネットワークでの検知と対処)製品「Vectra AI」の販売を開始した。価格(税別)は、個別見積もりで、1000万円から。販売目標は、3年間で8億円。開発会社は、米Vectra AI(日本法人はVectra Japan)。

 Vectra AIは、NDR製品である。ネットワークトラフィックを収集・分析し、内部に侵入したセキュリティ上の脅威を可視化する。サイバー攻撃に侵入されることを前提に、脅威のインシデントを早期に検出し、影響範囲を特定し、迅速に対処できるようにする。

 アプライアンスサーバー機器の形態で提供する。スイッチのミラーポートに接続するだけで利用を始められる。トラフィックをミラーポートから収集する仕組みであるため、サーバー機やクライアントPCなどのエンドポイントへのエージェントソフトウェアの導入は不要である。

 特徴は、独自のAI技術を用いることによって、膨大なアラート情報の中から緊急度の高いインシデントを自動で絞り込んでダッシュボードに表示できることである(図1)。発生している脅威の内容を分析し、対処の優先順位を付ける。

図1:Vectra AIのダッシュボード画面(出典:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)図1:Vectra AIのダッシュボード画面(出典:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)
拡大画像表示

 独自のAI技術の特徴を同社は、「教師データを用いた学習(グローバルラーニング)と、教師データを用いない学習(ローカルラーニング)を用い、相関分析をおこなうことで、過検知を最小限にとどめる」と説明している。

関連キーワード

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ / Vectra AI

関連記事

Special

-PR-

富士通SSL、トラフィック分析で脅威を検出するNDRアプライアンス「Vectra AI」を販売富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は2020年11月5日、アプライアンス型のNDR(ネットワークでの検知と対処)製品「Vectra AI」の販売を開始した。価格(税別)は、個別見積もりで、1000万円から。販売目標は、3年間で8億円。開発会社は、米Vectra AI(日本法人はVectra Japan)。

PAGE TOP