システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

トランスコスモス、チャットボットを診断して課題・改善策をレポートするスポットサービスを提供

2020年11月16日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

トランスコスモスは2020年11月16日、企業が導入しているチャットボットを診断して課題を指摘するサービス「チャットボット AI - IQ診断サービス」を開始した。価格は20万円からで、調査開始から報告までの期間は約3週間程度。

 「チャットボット AI - IQ診断サービス」は、企業が運営しているAIチャットボットをリモートで診断し、課題や改善策をレポートで報告するサービスである。

 調査では、トランスコスモスのAI設計者が、独自の設問テストを用いて企業のチャットボットを診断する。「対話力」、「反応力」、「正答力」の3つの観点でチャットボットのIQ(賢さ)を算出する。各調査項目において、1回~複数回のモンキーテストと目視チェックを実施し、スコアを判定する。

 対話力では、質問の意図を理解する能力を測定する。日本語の意図理解、、表記ゆれや単語ゆれを吸収する知識、などを測定する。反応力では、レスポンスのよさを測定する。シナリオの精度、正答までの到達時間、などを測定する。正答力では、回答が正確かどうか、回答のカバー率、回答の分かりやすさ、などを測定する。

 診断結果レポートを作成して報告する(図1)。レポートでは、調査によって判定したAI-IQスコア、グラフ表示、競合との比較、などを掲載する。視覚的に分かりやすく報告する。

図1:「チャットボット AI - IQ診断サービス」で生成するレポートの概要(出典:トランスコスモス)図1:「チャットボット AI - IQ診断サービス」で生成するレポートの概要(出典:トランスコスモス)
拡大画像表示
関連キーワード

トランスコスモス / チャットボット

関連記事

Special

-PR-

トランスコスモス、チャットボットを診断して課題・改善策をレポートするスポットサービスを提供トランスコスモスは2020年11月16日、企業が導入しているチャットボットを診断して課題を指摘するサービス「チャットボット AI - IQ診断サービス」を開始した。価格は20万円からで、調査開始から報告までの期間は約3週間程度。

PAGE TOP