[新製品・サービス]

PHP8の技術者認定試験を2021年秋に開始、2月にベータ試験を実施

2020年12月11日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

一般社団法人BOSS-CON JAPANの内部組織であるPHP技術者認定機構は2020年12月11日、PHP8の技術者認定試験を2021年秋から始めると発表した。これに先立ち、ベータ試験「PHP8技術者認定上級/準上級試験(ベータ)」を2021年2月7日に東京で開催する。

 PHPは、Webサーバーの背後で動作するWeb連携アプリケーションを開発・実行できるプログラミング言語の1つである。インタープリタ型で動作する。データベースアクセスをともなうアプリケーションを、比較的容易に開発できる。2020年11月26日には、PHPの最新バージョンにあたるPHP8をリリースした。PHP8では、JITコンパイラを搭載し、プログラムを高速に実行できる。

 PHP技術者認定機構は、PHPの技術者認定試験などを実施している。今回、PHP8を対象とした認定試験を、新たに用意した(表1)。2021年秋に開始する。これに先立ち、ベータ試験「PHP8技術者認定上級/準上級試験(ベータ)」を、2021年2月7日に東京で開催する。

表1:PHP8技術者認定上級試験の概要(出典:BOSS-CON JAPAN)
試験日 2021年秋から通年開催を予定
設問数 60問
試験時間 1時間
合格ライン 7割正解で上級認定、5割から7割未満の正解で準上級認定
出題形式 選択式(複数または単一選択)
受験料金 1万5000円(税別) 学生および教職員は50%オフ
試験センター 全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
主教材 https://www.php.net/
出題範囲 No. セクション名 出題数
1 インストールと設定 2問
2 言語リファレンス(通常) 22問
3 言語リファレンス(バージョンアップ関連) 8問
4 セキュリティ 7問
5 機能 2問
6 基本的な関数 18問
7 その他 1問

 PHP8の初級試験については、初級試験の教科書として利用している『初めてのPHP』(オライリージャパン)のPHP8対応にあわせて開始する予定である。なお、PHP8の初級試験のリリースとともに、PHP5の技術者認定試験を終了する。また、現在初級試験だけを提供しているPHP7については、上級試験と準上級試験は今後も用意しない。

 ベータ試験は、「コワーキングスペース茅場町 Co-Edo」(東京都中央区)で、2021年2月7日(日曜日)の16時15分(開場16時00分)から実施する。ベータ試験の受験料は5000円(税別)で、合格者は第1号認定(本認定)となる。

関連キーワード

PHP / PHP技術者認定機構

関連記事

Special

-PR-

PHP8の技術者認定試験を2021年秋に開始、2月にベータ試験を実施一般社団法人BOSS-CON JAPANの内部組織であるPHP技術者認定機構は2020年12月11日、PHP8の技術者認定試験を2021年秋から始めると発表した。これに先立ち、ベータ試験「PHP8技術者認定上級/準上級試験(ベータ)」を2021年2月7日に東京で開催する。

PAGE TOP