[新製品・サービス]

日立Sol、自然言語処理AIを活用して業務変革を支援するサービスを開始

2020年12月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2020年12月16日、AIを活用して業務変革を支援するサービス「自然言語処理AIによる業務効率化ソリューション」を発表した。同年12月17日から提供する。文書ファイルをAIで分類する既存のソフトウェア「活文 知的情報マイニング」を中核に据えつつ、新たにコンサルティングサービスなどを提供する。

 日立ソリューションズは2019年12月から、文書ファイルをAIで分類するソフトウェア「活文 知的情報マイニング」を提供している(関連記事日立Sol、文書ファイル分類ソフト「活文 知的情報マイニング」に新版、BERT採用で分類精度を向上)。米Googleの自然言語処理技術「BERT」を採用し、高精度にテキストを分類する。文章を構成する特徴的なキーワードを自動で抽出し、文書ファイル同士の関係を可視化する。

図1:活文のAI関連サービスの概要と、協業による強化ポイント(出典:日立ソリューションズ)図1:活文のAI関連サービスの概要と、協業による強化ポイント(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 今回、「活文 知的情報マイニング」を中核に据えつつ、「活文 知的情報マイニング」と組み合わせて利用できる外部のAI製品サービスを拡充した(図1)。これらを組み合わせることで、ユーザー企業が抱える課題の発見から、AIを活用した業務変革・生産性向上までを支援する。

 今回提供を開始する「自然言語処理AIによる業務効率化ソリューション」では、コンサルティング会社のSTANDARDと協業し、課題発見から自然言語処理AIの活用、投資対効果の検討を支援する。

 また、AI関連の製品サービスを提供しているAllganize Japanとの協業範囲を拡大する。これまで提供してきたチャットボット「Alli」に加えて、質問に対する回答が事前に用意されていなくても適切な回答をドキュメントの内容から自動抽出して提示するAI(機械読解)など、ラインアップを拡充する。

 なお、Allganize Japanが提供するAI関連の製品サービスは、各種の用途に合わせてトレーニング済み。このため、ユーザー企業は簡単に導入して使い始められる、としている。

関連キーワード

日立ソリューションズ / 自然言語処理 / BERT

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、自然言語処理AIを活用して業務変革を支援するサービスを開始日立ソリューションズは2020年12月16日、AIを活用して業務変革を支援するサービス「自然言語処理AIによる業務効率化ソリューション」を発表した。同年12月17日から提供する。文書ファイルをAIで分類する既存のソフトウェア「活文 知的情報マイニング」を中核に据えつつ、新たにコンサルティングサービスなどを提供する。

PAGE TOP