[新製品・サービス]

ヤマハ、ISDN機能を省いて価格を下げた中規模VPNルーター「RTX1220」、2021年3月に提供

2020年12月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヤマハは2020年12月16日、中小規模のネットワーク接続に適したVPNルーター機器の新モデル「RTX1220」を発表した。現行モデル「RTX1210」からISDN接続機能を省略して価格を下げた後継モデルという位置づけ。2021年3月から提供する。RTX1220の価格(税別)は、11万8000円で、RTX1210(12万5000円)よりも7000円安い。同社はRTX1220の販売計画として年間1万台を掲げる。

 ヤマハの「RTX1220」は、中小規模のネットワーク接続に適したVPNルーター機器の新モデルである(写真1)。現行モデル「RTX1210」からISDN接続機能を省略して価格を下げた後継モデルの位置づけで提供する。リモートアクセスVPNの需要の高まりを受け、ISDN関連機能を省くことで、市場に対して速やかに安定供給できるようにした。

写真1:ギガアクセスVPNルーター「RTX1220」の外観写真1:ギガアクセスVPNルーター「RTX1220」の外観(出典:ヤマハ)
拡大画像表示

 RTX1220は、現行モデルであるRTX1210とソフトウェアの大半を共通化している。ISDN関連機能を外した点を除いて、機能の互換性を確保している。このため、RTX1210を使っていたユーザーであれば、設定のノウハウをそのまま流用できる。ハードウェアについても、筐体サイズやLAN/WANのポート数、最大消費電力に変更はなく、RTX1210の代替機として機能する(表1)。

 VPNルーターとしては、拠点のLAN同士をVPNで広域接続する使い方に加えて、テレワーク環境からのリモートアクセスVPNの使い方ができる。今後、テレワークへの移行が進行してリモートアクセスVPNの需要が増加した場合でも、合計100対地までのVPN接続を収容できる。

 運用管理面では、クラウド型の管理サービス「YNO」を利用できる。自宅や出張先などオフィス以外のテレワーク環境からでもクラウドを介して機器を監視・管理できる。また、インターネット回線に機器を接続して電源を入れるだけで設定が完了する「ゼロコンフィグ」機能を備える。拠点への設置や交換が容易に行える。

表1:VPNルーター機器の新モデル「RTX1220」と現行モデル「RTX1210」のスペック(出典:ヤマハ)(赤字部分が差分
品番 RTX1210 RTX1220
価格(税別) 12万5000円 11万8000円
対応回線およびサービス網 FTTH(光ファイバー)、ADSL、CATV、ISDN(BRI)高速デジタル専用線(64kbit/s、128kbit/s)、ATM回線、IP-VPN網、広域イーサネット網、携帯電話網、フレッツ・サービス、IPv6 PPPoE/IPoE(フレッツ光ネクスト回線)、データコネクト(フレッツ光ネクスト回線) FTTH(光ファイバー)、ADSL、CATV、ATM回線、IP-VPN網、広域イーサネット網、携帯電話網、フレッツ・サービス、IPv6 PPPoE/IPoE(フレッツ光ネクスト回線)、データコネクト(フレッツ光ネクスト回線)
※ISDN(BRI)、高速デジタル専用線(64kbit/s、128kbit/s)は非対応
インターフェース LANポート 10ポート(LAN1/LAN2/LAN3)
※10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T、ストレート/クロス自動判別
※LAN1は8ポートスイッチングハブ
内蔵スイッチングハブ機能 ポート分離、LAN分割(ポートベースVLAN)、ポートミラーリング、リンクアグリゲーション
ISDT S/Tポート 1ポート(終端抵抗ON/OFF可能) 非搭載
コンソールポート(設定用) 1ポート(RJ-45、9,600bit/s [初期値])
状態表示ランプ 前面:28(POWER、ALARM、STATUS、LAN [LINK×10、SPEED×10]、ISDN [L1/B1、B2]、microSD、USB、DOWNLOAD) 前面:26(POWER、ALARM、STATUS、LAN [LINK×10、SPEED×10]、microSD、USB、DOWNLOAD)
※ISDN [L1/B1、B2]は非搭載
電源 AC100~240V(50/60Hz)、電源内蔵、電源インレット(3極コネクター、C14タイプ)、電源スイッチ
最大消費電力(皮相電力)、最大消費電流、発熱量 最大14.5W(28VA)、0.28A、52.2kJ/h
筐体内温度測定 温度計内蔵(コマンドで確認、SNMPによる取得、閾値設定によるSNMPトラップ、ALARM LEDによる警告)
筐体 金属筐体、ファンレス、セキュリティースロット(ケンジントンロック用)
外形寸法 幅220×高さ42×奥行239mm(ケーブル、端子類は含まず)
質量 1.5kg(付属品は含まず)
付属品 電源コード、電源コード抜け防止金具、冊子(はじめにお読みください)、ゴム足、CD-ROM(1枚:[PDF]取扱説明書・コマンドリファレンス・設定例集、[ソフトウェア]RT-FileGuard、MD5SUM) 電源コード、電源コード抜け防止金具、冊子(はじめにお読みください)、ゴム足、最大1年間無償のYNOライセンス
スループット 最大2Gbit/s
IPsecスループット 最大1.5Gbit/s
経路エントリー数 1万
VPN対地数 最大設定可能数 100
IPsec 100
L2TP/IPsec 100
L2TPv3 9
PPTP 4
NATセッション数 6万5534
関連キーワード

ヤマハ / ルーター

関連記事

Special

-PR-

ヤマハ、ISDN機能を省いて価格を下げた中規模VPNルーター「RTX1220」、2021年3月に提供ヤマハは2020年12月16日、中小規模のネットワーク接続に適したVPNルーター機器の新モデル「RTX1220」を発表した。現行モデル「RTX1210」からISDN接続機能を省略して価格を下げた後継モデルという位置づけ。2021年3月から提供する。RTX1220の価格(税別)は、11万8000円で、RTX1210(12万5000円)よりも7000円安い。同社はRTX1220の販売計画として年間1万台を掲げる。

PAGE TOP