[新製品・サービス]

NEC、ITの運用負担を軽減する新サービス、第1弾はサーバーの月額利用や稼働監視など

2020年12月22日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2020年12月22日、ITインフラ運用の負担を軽減するサービス群「NEC ICT Management Service and Technology」を発表した。同日販売を開始した。ITインフラ運用業務を最大で50%効率化するとしている。第1弾として、サーバーやPCを月額で提供するサービスやIT機器の稼働状況を監視して障害発生時に通知するサービスなど、4種類のメニューを用意した。2021年1月から順次提供を開始する。販売目標は、今後3年間の累計で20億円。

 「NEC ICT Management Service and Technology」は、ITインフラ運用の負担を軽減するサービス群である。IT機器の稼働状況監視やPCへのセキュリティパッチ管理といった運用業務を支援するサービスのほか、サーバーやPCを運用・保守サービス込みでサブスクリプション型で利用できるサービスなどを提供する(図1)。

図1:「NEC ICT Management Service and Technology」のサービスイメージ(出典:NEC)図1:「NEC ICT Management Service and Technology」のサービスイメージ(出典:NEC)

 第1弾として4つのサービスメニューを用意した。(1)「ICT機器監視通報サービス」(2021年3月提供)、(2)「サーバリソースサービス」(2021年3月提供)、(3)「Windows 10パッチ管理サービス」(2021年1月提供)、(4)「PC月額利用サービス」(2021年1月提供)、――である。

IT機器の稼働監視やパッチ管理、ITリソースの月額提供など

 (1)のICT機器監視通報サービスは、サーバー機やネットワーク機器をNECがリモートで監視し、故障の検知、故障発生時の顧客への自動通報、原因調査支援などを行うサービスである。マルチベンダーのハードウェアを監視できる。故障発生時から復旧までの工数を約50%削減するとしている。

 価格(税別、以下同)は、基本料金が、IPアドレス1件の監視を含んで月額2万8850円。監視対象のIPアドレスを1件追加するごとに月額850円を加算する。なお、後述する「サーバリソースサービス」と併用する場合、基本料金は不要。

 (2)サーバリソースサービスは、業務サーバーをユーザー企業のオンプレミス環境に導入し、稼働レポートの作成など運用・保守サービスを含めてサブスクリプション型で提供するサービスである。ユーザーみずからサーバーを運用・管理する場合と比べて工数を約30%削減できるとしている。

 価格は、タワー型(8GBメモリー)で月額2万8000円。タワー型(16GBメモリー)で月額4万4000円。

 (3)Windows 10パッチ管理サービスは、クライアントPCへのパッチ適用を集中管理するWSUS(Windows Server Update Services)サーバーの導入と運用・保守をサブスクリプション型で提供するサービスである。ユーザーみずからパッチを管理・適用する場合と比べて工数を約70%削減できるとしている。

 価格は、月額4万5900円。

 (4)PC月額利用サービスは、モバイル型のノートPCを月額料金で提供するサービスである。エンドユーザーからの相談・修理受付業務もNECが代行する。故障時の予備機の手配や、故障機の復旧に要する工数を約70%削減できるとしている。

 価格は、ノートPC×1台あたり月額5800円。

関連キーワード

NEC

関連記事

Special

-PR-

NEC、ITの運用負担を軽減する新サービス、第1弾はサーバーの月額利用や稼働監視などNECは2020年12月22日、ITインフラ運用の負担を軽減するサービス群「NEC ICT Management Service and Technology」を発表した。同日販売を開始した。ITインフラ運用業務を最大で50%効率化するとしている。第1弾として、サーバーやPCを月額で提供するサービスやIT機器の稼働状況を監視して障害発生時に通知するサービスなど、4種類のメニューを用意した。2021年1月から順次提供を開始する。販売目標は、今後3年間の累計で20億円。

PAGE TOP