[事例ニュース]

富良野市、車両GPSの走行データから除排雪作業状況を可視化する実証実験

2020年12月24日(木)IT Leaders編集部

北海道富良野市は、2020年12月から2021年1月にかけて、「IoT除排雪効率化実証実験」を実施する。稼働する6台の除排雪車両にGPS端末を設置し、車両の走行データと職員の業務記録をリアルタイムに収集する。これらのデータを地図やグラフで表し、除排雪作業を可視化する。データ分析基盤として「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を提供した日本オラクルが2020年12月23日に発表した。

 北海道富良野市は、2020年12月から2021年1月にかけて、「IoT除排雪効率化実証実験」を実施する。稼働する6台の除排雪車両にGPS端末を設置し、車両の走行データと職員の業務記録をリアルタイムに収集する。これらのデータを地図やグラフで表し、除排雪作業を可視化する(写真1)。

写真1:6台の除排雪車両にGPS端末を設置し、 IoTを活用し車両の走行データおよび職員の業務記録をリアルタイムに収集する(出典:日本オラクル、富良野市)

 期間中に収集したデータは、市民からの問い合わせやフィードバック、気象データ、パトロールカーの出動記録などの関連データ、過去の業務実績などを合わせて、総合的に分析する。これにより、最適な走行ルートの割り出しと、作業時間およびコストの削減を図る。実証実験で得られた成果を基に、ほかの地域との連携も強化する。ゴミ収集車などほかの業務車両運用効率化への応用も目指す。

 データ分析基盤には、日本オラクルの「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を採用した。実証実験の実施が決定してから1カ月でデータ分析基盤の構築を完了し、職員による利用を開始している。

 年間降雪量が過去5年平均で550cmを超える富良野市では、市民が利用する生活道路の除排雪作業へのニーズが高く、大きな予算を投じて対応している。この一方、除排雪作業に関わる経験を持った人材の不足や、除排雪車両の維持コストや人件費の増加といった課題も生じている。

関連キーワード

富良野市 / Oracle Autonomous Data Warehouse / Oracle / 北海道 / Oracle Analytics Cloud / スマートシティ

関連記事

Special

-PR-

富良野市、車両GPSの走行データから除排雪作業状況を可視化する実証実験北海道富良野市は、2020年12月から2021年1月にかけて、「IoT除排雪効率化実証実験」を実施する。稼働する6台の除排雪車両にGPS端末を設置し、車両の走行データと職員の業務記録をリアルタイムに収集する。これらのデータを地図やグラフで表し、除排雪作業を可視化する。データ分析基盤として「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を提供した日本オラクルが2020年12月23日に発表した。

PAGE TOP