[市場動向]

日立とホンダ、自動運転などのCASE領域を手がける新会社「日立Astemo」を設立

2021年1月6日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立Astemoは2021年1月6日、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社を同年1月1日付で経営統合し、新会社「日立Astemo」(本社:東京都千代田区)を設立したと発表した。自動車・二輪車の電動化や自動運転を支援する。資本金は連結515億円で、持ち株比率は日立製作所が66.6%、本田技研工業が33.4%となっている。

 2021年1月1日設立の日立Astemo(アステモ)は、自動車部品や関連サービスなどを開発・製造・販売する会社である。社名はAdvanced Sustainable Technologies for Mobilityの頭文字を取ったものという。自動車・二輪車業界のトレンドであるCASE(コネクテッド、自動運転、カーシェアリングとサービス、電気自動車)の領域で技術革新を進める。

 日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社からなる新会社の関連会社数は連結で123社で、世界27カ国に約9万人の従業員を持つ。資本金は連結で515億円で、持ち株比率は日立製作所が66.6%、本田技研工業が33.4%である(表1)。

日立Astemoの概要
名称 日立Astemo株式会社(英文表記:Hitachi Astemo, Ltd.)
本社 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル
代表者 代表取締役 プレジデント&CEO ブリス・コッホ
事業内容 自動車部品および輸送用ならびに産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス
関連会社数 (連結) 123社
総従業員数 (連結) 約9万人
資本金 (連結) 515億円
大株主および持ち株比率 (連結) 株式会社日立製作所:66.6% 本田技研工業株式会社:33.4%
関連キーワード

日立Astemo / CASE / 本田技研工業 / 日立製作所 / 協業・提携 / MaaS

関連記事

Special

-PR-

日立とホンダ、自動運転などのCASE領域を手がける新会社「日立Astemo」を設立日立Astemoは2021年1月6日、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社を同年1月1日付で経営統合し、新会社「日立Astemo」(本社:東京都千代田区)を設立したと発表した。自動車・二輪車の電動化や自動運転を支援する。資本金は連結515億円で、持ち株比率は日立製作所が66.6%、本田技研工業が33.4%となっている。

PAGE TOP