[事例ニュース]

信州大学医学部附属病院、COVID-19感染者の発生届処理をRPAで自動化

2021年1月7日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

信州大学医学部附属病院は、厚生労働省が2020年5月から稼働させた「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム」(HER-SYS)を使う業務をRPA(ロボットによる業務自動化)で自動化した。RPAソフトウェアにはUiPathを採用した。UiPathが2021年1月7日に発表した。

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染者の情報を迅速に把握することを目的に、「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム」(HER-SYS)を2020年5月から稼働させている。以前は各医療機関から保健所にファクスで伝えていた新型コロナウイルス感染者の発生届を、システムからデータ送信できるようになった。現在は全国で1万を超える医療機関が利用している。

 今回、信州大学医学部附属病院は、HER-SYSに関連する業務をRPAで自動化した。(1)電子カルテの情報を収集する作業、(2)HER-SYSに入力する作業、(3)入力結果をPDF化して関係者にメールで送付する作業、を自動化した。

 入力作業は、感染者の数に関わらず、検査した患者の数だけ必要になる。このため、月次で数百件にものぼり、日次では2桁に達することもある。今回の自動化では、手作業で1件あたり3分以上かかっていた一連の処理を、ワンクリックで対応できるようにした。

 HER-SYS関連業務のほかにも、「新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム」(G-MIS)を使う業務もRPAで自動化した。G-MISは、各病院の稼働状況、病床などの状況、マスクや防護服といった医療資材の確保状況などを一元的に把握することを目的としたシステムである。全国約8000の医療機関が利用している。

関連キーワード

信州大学 / UiPath

関連記事

Special

-PR-

信州大学医学部附属病院、COVID-19感染者の発生届処理をRPAで自動化信州大学医学部附属病院は、厚生労働省が2020年5月から稼働させた「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム」(HER-SYS)を使う業務をRPA(ロボットによる業務自動化)で自動化した。RPAソフトウェアにはUiPathを採用した。UiPathが2021年1月7日に発表した。

PAGE TOP