[新製品・サービス]

三菱総研DCS、ERPパッケージ「Biz∫」の導入サービスを開始

2021年1月14日(木)IT Leaders編集部

三菱総研DCSは2021年1月13日、NTTデータ・ビズインテグラルが販売するERPパッケージソフトウエア「Biz∫(ビズインテグラル)」の販売パートナー契約を締結し、同年1月に導入サービスの提供を開始した。Biz∫の導入に加えて、ERPに蓄積した活動実績データを活用できる仕組みを提供する。

 Biz∫は、NTTデータ・ビズインテグラルが販売するERPパッケージソフトウエアである。会計、販売、購買、人事などの基幹業務アプリケーションを提供するほか、ワークフロー、マスターデータ管理、他システム連携、統合運用管理といった共通系の機能をラインアップしている。業務モジュール別、利用ユーザー数別でライセンスを購入できる。

 三菱総研DCSは今回、Biz∫の導入支援サービスを開始したBiz∫の導入に加えて、ERPに蓄積した活動実績データを活用できる仕組みを提供する(図1)。

図1:ERPパッケージ「Biz∫」の導入イメージ(出典:三菱総研DCS)図1:ERPパッケージ「Biz∫」の導入イメージ(出典:三菱総研DCS)
拡大画像表示

 導入支援サービスの特徴の1つとして、経営判断を迅速化できる点を挙げる。月次処理などの決算処理時間を短縮できるとしている。また、製造業向けには、生産管理を含めた全社統合システムを実現できるように、システム間連携機能をあらかじめ用意している。

 上流コンサルティングやERPシステムの仕様などに精通したERP技術者が在籍しているとアピールしている。ERP領域におけるプロセスマイニングやRPA(ロボットによる業務自動化)なども支援できるとしている。例えば、モニタリングによって業務改善のポイントを継続的に把握できる。RPAの対象業務を特定して自動化できる。

 データサイエンティストも80人在籍しているとアピールする。ERPデータを活用した顧客ビジネスの拡大、現場の可視化(ビジネスインテリジェンス)によるコスト削減、予測(AI)による製販在の全社最適化、自動化(AI)による生産性向上/ミス低減などの効果を出せるとしている。

関連キーワード

三菱総研DCS / Biz∫

関連記事

Special

-PR-

三菱総研DCS、ERPパッケージ「Biz∫」の導入サービスを開始三菱総研DCSは2021年1月13日、NTTデータ・ビズインテグラルが販売するERPパッケージソフトウエア「Biz∫(ビズインテグラル)」の販売パートナー契約を締結し、同年1月に導入サービスの提供を開始した。Biz∫の導入に加えて、ERPに蓄積した活動実績データを活用できる仕組みを提供する。

PAGE TOP