[新製品・サービス]

日本ユニシス、自社導入で得たノウハウを基に「Azure VMware Solution」を提供

2021年1月18日(月)IT Leaders編集部

日本ユニシスは2021年1月14日、日本マイクロソフトが提供する「Azure VMware Solution」の販売を開始した。日本ユニシスグループ自身がオンプレミスのVMware基盤をAzure VMware Solutionに統合したノウハウを基に、クラウド利用支援サービス「CLOUDForesight」として提供する。

 日本ユニシスの「Azure VMware Solution」は、オンプレミスのVMware仮想環境を短期間でクラウド環境に移行・統合できるサービスである。日本ユニシスは、Azure VMware Solutionの自社導入で蓄積したノウハウを基に、ユーザー企業のクラウド利用を支援するサービス「CLOUDForesight」の一部に「Azure VMware Solution」関連サービスを追加した(図1)。

図1:「Azure VMware Solution」関連サービスの概要(出典:日本ユニシス)図1:「Azure VMware Solution」関連サービスの概要(出典:日本ユニシス)
拡大画像表示

 日本ユニシスのサービスでは、オンプレミスのVMware基盤からの効率的な移行計画の策定や運用設計などを含め、Azure VMware Solution環境の構築/サポートをワンストップで提供する。

 大きく3つのメニューで構成する。

 (1)Azure VMware Solution移行支援サービスは、オンプレミス環境のVMware基盤で動作している仮想サーバーをAzure VMware Solutionに移行できるかどうかを調査するとともに、Azure VMwareSolutionへの移行作業を支援する。

 (2)Azure VMware Solution構築サービスは、Azure VMware Solutionの環境を構築する。

 (3)Azure VMware Solutionサポートサービスは、Azure環境と合わせ、Azure VMware Solutionのサポートを提供する。オンプレミス環境のVMware基盤の保守サポートノウハウを生かしたサポートを提供するとしている。

関連キーワード

Azure VMware Solution / Unisys / Microsoft

関連記事

Special

-PR-

日本ユニシス、自社導入で得たノウハウを基に「Azure VMware Solution」を提供日本ユニシスは2021年1月14日、日本マイクロソフトが提供する「Azure VMware Solution」の販売を開始した。日本ユニシスグループ自身がオンプレミスのVMware基盤をAzure VMware Solutionに統合したノウハウを基に、クラウド利用支援サービス「CLOUDForesight」として提供する。

PAGE TOP