[新製品・サービス]

日立Sol、Terraformなど米HashiCorp製品を販売、マルチクラウドの運用管理を効率化

2021年1月19日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2021年1月19日、米HashiCorp(ハシコープ)製品を2021年1月20日から販売すると発表した。システム構成をコード化する「Terraform」(テラフォーム)や、ID/パスワードをシステムから外出しして一元管理する「Vault」(ヴォルト)などで構成する。日立ソリューションズの運用管理ソフト「JP1」などと組み合わせ、企業のシステム運用管理を支援する。HashiCorp製品の価格は個別見積もりで、年間サブスクリプション型で提供する。

 日立ソリューションズは、米HashiCorp(ハシコープ)が開発した、クラウド環境の運用に適したシステム運用管理ソフトウェア製品群を販売する(図1)。具体的には、(1)「Terraform」(テラフォーム)、(2)「Vault」(ヴォルト)、(3)「Consul」(コンサル)、(4)「Nomad」(ノマド)、などの製品を販売する。

図1:日立ソリューションズが提供するハイブリッド/マルチクラウド運用管理ソフトウェア群の概要(出典:日立ソリューションズ)図1:日立ソリューションズが提供するハイブリッド/マルチクラウド運用管理ソフトウェア群の概要(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 背景には、ITシステムのクラウド化に取り組む企業が増えている中、システム運用管理者の負担が増えている状況がある。インフラ構成を柔軟に変更できることや、ID/パスワードの一元化によってセキュリティを高めることなどが求められるようになっている。

 販売するソフトウェア製品群の概要は、以下の通り。

 (1)のTerraformは、Infrastructure as Code(インフラストラクチャアズコード)を実現するミドルウェアである。クラウド環境で調達するサーバー/ストレージやネットワークなどの構成をコードで定義することで、新たなインフラの追加や変更を自動化できる。パブリッククラウドベンダーが提供しているサービスと異なり、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境で利用できる。

 (2)のVaultは、情報システムにアクセスする際に必要なパスワードや鍵を、ネットワーク上で一元的に管理するサーバーソフトウェアである。これらのシークレット情報をキー/バリュー型で暗号化して管理する。クライアントは、パスワードや鍵を自前で記録していなくても、Vaultに問い合わせることで、サーバーにアクセスするために必要なパスワードや鍵を得られる。

 (3)のConsulは、コンテナやサービス同士の接続を担うサービスメッシュである。サービス間の通信を安全に保つため、HTTPSのクライアント認証やアクセス権限によるアクセス制御機能を提供する。サービスを検出してサービスレジストリで管理する機能や、名前解決のためのDNS機能なども提供する。

 (4)のNomadは、スケジュールに則ってアプリケーションをデプロイするミドルウェアである。既存アプリケーションやコンテナアプリケーションなど、各種のアプリケーションを組み合わせてデプロイできる。

関連キーワード

日立ソリューションズ / 米HashiCorp / Terraform / マルチクラウド

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、Terraformなど米HashiCorp製品を販売、マルチクラウドの運用管理を効率化日立ソリューションズは2021年1月19日、米HashiCorp(ハシコープ)製品を2021年1月20日から販売すると発表した。システム構成をコード化する「Terraform」(テラフォーム)や、ID/パスワードをシステムから外出しして一元管理する「Vault」(ヴォルト)などで構成する。日立ソリューションズの運用管理ソフト「JP1」などと組み合わせ、企業のシステム運用管理を支援する。HashiCorp製品の価格は個別見積もりで、年間サブスクリプション型で提供する。

PAGE TOP