[新製品・サービス]

ミロク情報サービス、中堅・中小向けERP「MJSLINK DX」を発表、データ連携やAI自動仕訳が特徴

2021年2月16日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ミロク情報サービスは2021年2月16日、中堅・中小企業向けのクラウド型ERP(統合基幹システム)アプリケーションの新製品「MJSLINK DX」(エムジェイエスリンク ディーエックス)を発表した。同年3月から販売する。APIを用いた外部システムとのデータ連携やAIによる自動仕訳などに注力している。

 MJSLINK DXは、中堅・中小企業向けに開発したクラウド型のERPソフトウェアである(図1)。業務モジュールとして、財務、税務、給与、人事、販売、固定資産管理、リース管理、を提供する。システムの稼働環境に合わせて、クラウド版のほかにオンプレミス版も選択できる。

図1:MJSLINK DXの概要(出典:ミロク情報サービス)図1:MJSLINK DXの概要(出典:ミロク情報サービス)
拡大画像表示

 特徴の1つは、APIを用いた外部システムとのデータ連携や、AIによる自動仕訳などに注力していることである。

 財務会計システム「MJSLINK DX 財務大将」の場合、外部システムからAPI連携によって取引情報データを自動で取り込める。例えば、各種金融機関、ECサイト、POSレジ、電子請求書(発行・受け取り)システムなどと連携できる。

 取り込んだデータは、AIを用いて自動で仕訳できる。これにより、経理担当者の入力業務の負担を軽減する。仕訳の処理ミスや処理漏れなどがないかを自動でチェックするシステム「MJS AI監査支援」と連携することで、仕訳の正確性を高められる。

 価格(税別)は、財務基本システム(スタンドアロン構成)の例で、月額1万3700円から、または年額16万1100円から。

関連キーワード

ミロク情報サービス / MJSLINK DX / 中堅・中小企業

関連記事

Special

-PR-

ミロク情報サービス、中堅・中小向けERP「MJSLINK DX」を発表、データ連携やAI自動仕訳が特徴ミロク情報サービスは2021年2月16日、中堅・中小企業向けのクラウド型ERP(統合基幹システム)アプリケーションの新製品「MJSLINK DX」(エムジェイエスリンク ディーエックス)を発表した。同年3月から販売する。APIを用いた外部システムとのデータ連携やAIによる自動仕訳などに注力している。

PAGE TOP