[新製品・サービス]

テクマトリックス、セキュリティインシデント発生時にトリアージ/調査を実施するサービスを開始

2021年3月18日(木)IT Leaders編集部

テクマトリックスは2021年3月17日、セキュリティインシデントの発生時に各種の調査から復旧支援までを実施する「インシデント対応サービス」を開始した。同社のセキュリティ専門家がトリアージやフォレンジックなどを提供する。価格は個別見積もり。

 テクマトリックスの「インシデント対応サービス」は、サイバー攻撃やマルウェア感染などのセキュリティインシデントが発生した際に、各種の調査から復旧支援までを実施するサービスである。

 同社のセキュリティ専門家がトリアージやフォレンジックなどを提供する。大規模なインシデントや広範に及ぶフォレンジックの場合でも、パートナー企業と連携して支援する。

 サービスの流れは図1のとおり。ユーザーは、Webサイトや電話、メールでサービスを申し込み、ヒアリングを受ける。トリアージでは被害状況やユーザー環境を確認し、インシデントの詳細を把握する。拡大防止や復旧に向けた対応方針を決める。フォレンジック調査の計画を策定・実行し、調査結果を報告する。調査結果を踏まえて恒久的な対策案を作成する。

図1:インシデント対応サービスの提供フロー(出典:テクマトリックス)図1:インシデント対応サービスの提供フロー(出典:テクマトリックス)
拡大画像表示

 背景として同社は、サイバー攻撃が多様化し、日々新たな攻撃手法が発見されている状況を挙げる。サイバーインシデントが発生した場合には、事業損失の最小化と事業の復旧、再発防止計画に対して、インシデント対応に精通した専門家による調査と対応が欠かせないとしている。

関連キーワード

テクマトリックス / コンサルティング

関連記事

Special

-PR-

テクマトリックス、セキュリティインシデント発生時にトリアージ/調査を実施するサービスを開始テクマトリックスは2021年3月17日、セキュリティインシデントの発生時に各種の調査から復旧支援までを実施する「インシデント対応サービス」を開始した。同社のセキュリティ専門家がトリアージやフォレンジックなどを提供する。価格は個別見積もり。

PAGE TOP